お役立ち

【2024年最新】セブ島へ3泊4日で旅行!大満足のセブ島観光の王道モデルコースを解説

「4連休がとれることになったから、海外旅行しよう!」そう思って調べてみたら、意外と旅先が限られてしまうという経験はありませんか?

そんなあなたにぴったりなのが、日本から近いフィリピンのセブ島。観光地として整備され気候にも恵まれているため、限りある時間を有効に使えるんです。

アジアを代表するビーチリゾートを3泊4日で満喫するためのモデルプラン、予算の目安をご紹介します。

※1フィリピン・ペソ=約2.68円(2024年)

\おすすめのセブ島オプショナルツアー/

  • セブイク(セブ島で人気のオプショナルツアーを見る)

セブイクでは高い満足度を誇るオプショナルツアーを多数掲載しております。いろんなオプショナルツアーがあるため、どれを選べばいいのか迷いますよね。

セブイクではセブ島在住のコンシェルジュが最適なプランを無料でお伝えしています。

利用無料で面倒な登録ナシ。LINEでサクッと質問できちゃいます♪

 

セブ島観光のモデルコースとは?初心者のための基本知識

セブ島観光は、観光だけでなくいろんなアクティビティの体験ができます。シュノーケリングダイビングなどのマリンスポーツ、ウミガメと泳げるモアルボアルジンベイザメとのシュノーケリングなどたくさんのアクティビティがあります。

ローカルマーケットでのショッピング、さらにはフィリピンの文化を学べるシティツアーなど、参加者の興味に合わせて様々なツアーをリーズナブルな料金で体験することも可能です。

セブ島の詳しい旅行費用を知りたい方は「セブ島旅行の費用は?旅費の目安や安い時期、予算を解説」をチェックしてみてください。

【2024年プロ厳選】セブ島観光おすすめスポット21選!絶対に外せない厳選5つも紹介 フィリピンのセブ島と言えば、白い砂浜と美しいラグーンが有名。 シュノーケリングやアイランドホッピングなどのアクティビティー...

フィリピンの魅力

セブ島旅行

フィリピンはその自然美と豊かな文化で知られています。7,000以上もの島々から成るこの国は、バラエティ豊かな風景と体験が満載です。

白い砂浜とエメラルドグリーンの海、壮大な山々、生い茂るジャングル、そして独特の野生動物たち。これらの自然環境は多くのアクティビティを可能にしており、サーフィン、ダイビング、ハイキング、ジンベイザメ&イルカウォッチングツアーなど、自然を満喫するための選択肢は無限大です。

また、フィリピン人のホスピタリティとその独自の文化も魅力の一つです。フィリピンは多様な民族と文化が混ざり合った独特の文化を持っており、フィリピン料理、音楽、ダンス、お祭りなど楽しめるポイントが盛りだくさんです。

セブ島が人気の理由

フィリピンは美しい海岸線、豊かな自然、フレンドリーな人々、そして多様な文化が魅力です。その中でもセブ島は特に注目を集めています。その理由は何でしょうか?

自然の美しさ

セブ島は美しいビーチや透き通った海が魅力の一つで、サンゴ礁に囲まれた海域はシュノーケリングやダイビングに最適です。

歴史と文化

セブ島はフィリピンの歴史的な中心地でもあり、サンペドロ要塞マゼランクロスなど、見逃せない観光スポットが点在します。

アクセスの良さ

セブ島は直行便(成田ーセブ島)で簡単にアクセスできるため、旅行の計画を立てやすいという利点があります。

英語が通じる

セブ島では英語が広く使われているため、言葉の問題によるストレスが少ないです。

これらの理由から、初めての海外旅行でも、経験豊富な旅行者でも、セブ島は人気の観光地となっています。

セブ島3泊4日旅行のフライト選びのポイント

飛行機

直行便利用がおすすめ

日本からマクタン・セブ国際空港への行き方は、フィリピン航空(フィリピンのフラグシップ・キャリア)とセブ・パシフィック航空(LCC)の2社が直行便を運航。

所要時間は片道5時間弱です。乗り継ぎでセブに向かう方法もありますが、トータルの移動時間が8時間近くかかります。

このため、現地での滞在時間を長くとれる直行便利用がおすすめ。ただし、出発地や選択する便によっても滞在時間は変わります。大まかなスケジュールを整理してみましょう。

出発地別のスケジュールイメージ(東京)

成田空港からの直行便は2社あわせて毎日3便が出発。フィリピン航空は、成田発・セブ発ともに朝出発する便と昼過ぎに出発する便があります。

セブ・パシフィック航空の場合は、行きの出発時間はほとんど同じ。

ただし帰りは現地を午前2時以降に出発し、成田着は午前8時ごろになります。最終日に夜まで滞在して深夜発の便を利用する場合は、3泊5日の旅程になるため注意しましょう。

出発地別のスケジュールイメージ(名古屋・大阪)

大阪と名古屋に就航しているのはフィリピン航空のみで、関西国際空港からは毎日1便、名古屋セントレア空港からは週5便出発しています。

いずれも日本を昼過ぎに出発して夜セブに到着。最終日は現地を朝出発し、昼過ぎに帰国です。フルで使えるのは実質中2日と考えておきましょう。

また、名古屋便は毎日運行していないため、タイミングによっては片道が乗継便になる可能性もあります。

セブ島3泊4日旅行の1日目:初日の夜もしっかり楽しむ

セブ島へ午前到着:セブシティ観光を満喫

セブ島旅行は、日本からセブ空港へのフライトで始まります。日本からセブ島までは直行便でも約5時間のフライトです。

セブ到着後は、空港からホテルへの移動はタクシーか、空港送迎サービスを利用すると便利です。

セブ市内観光スタート

荷物をホテルに預けたらさっそく市内観光へ。セブでも有名なスポットを効率よく回れるようにアレンジしました。セブシティには、フィリピンの歴史と文化を感じることができるスポットがたくさんあります。

荷物を預ける時間がもったいないという方にはレンタカーがおすすめ。荷物を積んだまま市内観光が可能です。

セブシティ観光ならここ!絶対に後悔しない観光スポット15選セブ島と聞くと、リゾート地としての海のイメージが想像されがちです。1年中海に入れる気候のため、マリンアクティビティやホテルでゆったりバカ...

サンペドロ要塞

サンペドロ要塞は、フィリピン最古の三角形の要塞で、スペインの植民地時代の歴史を垣間見ることができます。一度は博物館としても使われており、歴史に興味がある方におすすめです。

次のサントニーニョ教会へ350メートルほどの距離です。

サントニーニョ教会

サント・ニーニョ教会

サントニーニョ教会は、フィリピン最古のローマ・カトリック教会で、フィリピンのキリスト教化を象徴する場所として重要です。教会内には、フィリピンで最も尊敬される子供のイエス像「サントニーニョ」が安置されています。

マゼランクロス

マゼラン・クロス

マゼランクロスは、フェルディナンド・マゼランが1521年にフィリピンにキリスト教をもたらしたときに立てられた十字架が保存されている場所です。この木製の十字架は、セブ市の象徴ともなっています。

テンプルオブレイア

これは、最愛の妻「レイア」様のために建てた建物です。その白い建物と鮮やかな彫刻で知られています。セブ市のパノラマビューを楽しむことができます。

シラオガーデン

時間があればシラオガーデンもおすすめです。シラオガーデンには、「シラオガーデン・リトル・アムステルダム」「シラオPGS」の2箇所があり、その美しい花々と風景で訪れる人々を魅了します。

花壇の間を散策することで、都市の喧騒から一時的に逃れることができます。

セブ島のシラオガーデンとは?人気のインスタ映えスポットを解説美しい風景、息を呑むような美しさの花々、そして鮮やかな色彩に満ち溢れたシラオガーデン(Sirao Garden)。フィリピンのセブ島に位...

セブ島へ午後6時ごろ:トップスへ夜景ディナーを満喫

夜は、セブ市の最高地点に位置する「トップス」に向かいましょう。ここからは、セブ市の美しい夜景を一望することができます。特に夕暮れ時の景色は、その美しさから多くの観光客に愛されています。

セブ島の展望スポット「トップス」は絶景夜景スポットだった!皆さんはセブ島へ行った際はどのような場所に遊びに行きたいですか?観光スポットや面白い場所は調べればたくさん出てくるので、限られた時間のう...

そして、その素晴らしい夜景を眺めながら、ディナーを楽しみましょう。トップス周辺には様々なレストランがありますが、特に以下の3つのレストランをおすすめします。

Mr. A Bar & Restaurant

このレストランでは、フィリピン料理と多国籍料理を堪能できます。ここからの眺めも素晴らしいです。

Delice Recipes

ヘルシーな料理を楽しめるので、ベジタリアンやビーガンの方に特におすすめです。

La Vie Parisienne

フレンチカフェとベーカリーで、美味しいパンとワインを楽しむことができます。テラスからの夜景は絶景です。

一日目は、美しい夜景を眺めながら美味しいディナーで一日を終えましょう。

セブ島到着が午後7時前後で夜を楽しむには

夜景

多くの便では、セブに到着するのは午後7時前後になります。ホテルでゆっくり身体を休めるのもいいですが、夜も楽しいのがセブの魅力。初日からしっかり満喫できます。

フィエスタ・ベイでのディナー

マクタン島に滞在するなら、リゾートエリアで人気のフィエスタ・ベイでのディナーがおすすめ。雰囲気のいい一軒家レストランで、新鮮な肉や魚介のグリルに舌鼓を打ちましょう。

1人あたり1,000フィリピン・ペソ(約2,200円)程度で満腹になれます。

  • 名称:Fiesta Bay
  • 住所:Punta Engaño Road, Lapu-Lapu City, Cebu, Philipines
  • アクセス:マクタン・セブ国際空港からタクシーで約20分
  • 営業時間:11:30~22:00、定休日なし
  • 公式サイト:https://fiestabayrestaurant.business.site/

ツリーシェイドスパでリラックス

食後は、フィエスタ・ベイすぐそばのツリーシェイドスパでリラックス。清潔な店内で、疲れの気になるところをケアしてもらいましょう。

600フィリピン・ペソ(約1,300円)程度でたっぷり60分のマッサージを受けられます。

  • 名称:Tree Shade Spa
  • 住所:Punta Engaño Rd, Lapu-Lapu City, Cebu, Philippines
  • アクセス:マクタン・セブ国際空港からタクシーで約25分
  • 営業時間:24時間営業、定休日なし
  • Facebook:https://www.facebook.com/TreeShadeSpaOfficial/

セブ島3泊4日旅行の2日目:アイランドホッピング

セブ島の真髄を体験するためには、アイランドホッピングが欠かせません。2日目は、美しい海とビーチが広がるパンダノン島、ヒルトゥガン島、ナルスアン島を訪れましょう。

白い砂浜が広がるパンダノン島

パンダノン島は、その美しいビーチと透明度の高い海で知られています。

島には、白い砂浜が広がり、BBQやビーチバレー、写真撮影を楽しむ観光客で賑わいます。シュノーケリングやダイビングをすると、美しいサンゴ礁と海洋生物が見ることができます。

海洋保護区が美しいヒルトゥガン島

次に、ヒルトゥガン島へ。ここは、その豊富で美しいサンゴ礁で有名なダイビングスポットです。初心者から経験豊富なダイバーまで、それぞれのレベルに合わせたダイビングが楽しめます。

桟橋が映えるナルスアン島

最後に、ナルスアン島を訪れましょう。ここはマリンサンクチュアリーとして知られ、手つかずの自然とカラフルなお魚とのシュノーケリングが楽しめます。シュノーケリングやハンモックでゴロゴロしたり離島を楽しむことができます。

ツアー後のディナー

レストラン

セブ島の夜は、地元の料理を楽しむのが一番です。以下に、観光客に人気のフィリピン料理レストランを3つ紹介します。

Lantaw Native Restaurant

このレストランではフィリピン全土の伝統的な料理が食べられます。ランタウレストランは特に眺めが素晴らしいことで知られています。

美しい海を眺めながら食事を楽しむことができ、夜になるとロマンチックな雰囲気になります。そのため、カップルや家族連れに人気です。

House of Lechon

このレストランはセブ島で最も有名な料理であるレチョン(豚のロースト)が特徴です。

レチョンは、フィリピン全土で親しまれている料理ですが、特にセブ島の”Lechon”は香りと風味が評価されています。このレストランは地元の人々だけでなく観光客にも人気があります。

STK ta Bay

こちらのレストランは、フィリピンの伝統的な料理とセブ島特有の料理を提供しています。

レストランの名前は”SuTuKil”から取られており、”Sugba”(グリル)、”Tuwa”(スープ)、”Kilaw”(生魚のサラダ)の略です。

これら3つの料理スタイルを一度に味わうことができます。家庭的な雰囲気の中で地元の料理を楽しむことができるため、地元の人々や観光客にとても人気があります。

軽くバーで一杯できるお店

美味しいディナーの後は、地元のバーで一杯楽しむのもおすすめです。以下に、セブ島で人気のバーを3つ紹介します。

ラ・ビエ・パリジェンヌ

フレンチスタイルのこのバーは、セブ市内で最も人気のあるバーの1つです。その名の通り、パリのライフスタイルを感じさせる装飾と、広範囲にわたるワインのセレクションが特徴です。

美しいテラスでのんびりと時間を過ごせます。

The Distillery Cebu

このバーはモダンな内装と豊富なドリンクメニューで知られています。ウィスキーやクラフトビール、そして様々な種類のカクテルが楽しめます。また、しっとりとした大人の雰囲気を味わいたい人におすすめのバーです。

 

以上が2日目のモデルコースです。美しい海を満喫し、美味しい料理と一杯のドリンクで一日を締めくくる、素晴らしい一日になるでしょう。

セブ島3泊4日の3日目:ボホール島で大自然&ジンベエザメと泳ぐ

たっぷり使える3日目は、セブの港から2時間の船旅で行けるボホール島へ。ボホール島は観光地化したセブとはひと味違う大自然を味わえる島です

干潮の時にだけ現れる真っ白な砂浜「ホワイト・サンズ・ビーチ」や、ここにしか生息しない絶滅危惧種のメガネザル「ターシャ」は必見です。

フィリピンで10番目に大きな島のため、ドライバー付きのレンタカーを借りて回るのもおすすめです。ボホール島でレンタカーをしたい方は「【ボホール島で運転手付きレンタカー】カーチャーター」をあわせてチェックしてみましょう。

ボホール島日帰りツアーなら、日本語ガイドで6,000ペソ〜(14,000円〜)から探せます。

チョコレートヒルズでバギー操縦

次に、ボホール島の名物観光地「チョコレートヒルズ」へ。

その名の通り、遠くから見るとチョコレート色の丸い形状の丘がたくさん並んでいる様子は圧巻です。ドライシーズンには丘が茶色くなることからその名がつけられました。

バギー

ここでは、バギー(四輪駆動のオープンカー)で丘を駆け抜けるアクティビティが楽しめます。ワイルドな風景と風を全身で感じる体験は、忘れられない思い出になるでしょう。

世界最小のメガネザル「ターシャ」保護区

ターシャ

ターシャはボホール島に生息する世界最小のメガネザルです。大きさはたったの10センチほど。とても希少で絶滅の危機に。

大きくまん丸な目が可愛らしい動物ですので、ぜひ会いに行ってください。入場料が保護活動の支援につながります。

マンメイドフォレスト

その後、ボホール島の「マンメイドフォレスト」へ。ここは、人間が植林した森で、一面に広がるマホガニーの木々が美しい景観を生み出しています。

自然の中を散策しながら、心地よい森林浴を楽しみましょう。

ロボックリバーでクルーズランチ

ランチは、ロボックリバーを流れる「フローティングレストラン」で。レストランはボート形式となっており、フィリピン料理を堪能しながら、ゆっくりと川を下っていきます。まさにジャングルクルーズランチです。

その間に周りの自然や地元の生活を眺めることができ、非日常の食体験を味わうことができます。

アティ族と記念撮影

ジャングルクルーズの最終地点では、アティ族が待っています。果たして彼らに出会うことはできるのでしょうか。

バクラヨン教会

ランチ後は、ユネスコの世界遺産にも登録されている「バクラヨン教会」を訪れます。ここは、フィリピン最古の石造り教会の一つで、その壮麗な外観と内部装飾は見逃せません。

ボホール島でジンベイザメと泳ぐ

ボホール島には、世界最大級のジンベエザメが多く生息することで有名。絶好のダイビング・シュノーケリングスポットとなっています。

ジンベイザメは、まるでバスが横向きに浮いているような大きさです。その優雅な動きと人懐っこさから「海のジェントルマン」とも呼ばれます。水面からちょっと潜るだけで、ジンベイザメと泳げる特別な体験可能です。

内容によりますが、ツアーの相場は6,500フィリピン・ペソ(約14,200円)から。ボホール島への現地ツアーは日本・現地含め、数多くの旅行代理店が取り扱っています。

夜はナイトマーケット

夜は、セブ市内のナイトマーケットで食事を楽しみましょう。ナイトマーケットでの食事で、3日目が終了です。ボホール島の自然と文化を満喫した一日となりましたか?

以下の2つのナイトマーケットがおすすめ。

ナイトマーケット
セブ島の夜の楽しみ方!ナイトマーケットで食べ歩きやショッピングを満喫セブ島の夜遊びにはナイトマーケットが欠かせません。 市内のあちこちに個性豊かなナイトマーケットが点在し、毎晩ローカルや観光客で賑わ...

スグボメルカド(Sugbo Mercado)

ここは、週末に開かれるセブ市最大のフードマーケットで、フィリピン料理から各国の料理まで幅広く楽しむことができます。

イエローキューブ(YelloCube Food Hub)

「YelloCube Food Hub」は、セブ島ラホグ地区のJYスクエア近くに位置し、毎日開かれている活気あるナイトマーケットです。

このナイトマーケットは、その鮮やかなイエローカラーの装飾で統一されており、まさにフォトジェニックなスポットです。そのため、訪れたフィリピン人がSNSにその場所で撮った写真を投稿するほど、地元で話題となっています。

セブ島3泊4日旅行の最終日:ゆったりでもアクティブにも

桟橋

時間がある人はショッピングを

フライト時間も気になる最終日。昼過ぎまで滞在できる場合は、荷物をまとめたらゆっくりお土産を選んでみてはいかがでしょう。

空港からタクシーで約5分のIsland Central Mactan(アイランド・セントラル・マクタン)では、人気のドライマンゴーなどが空港より安く手に入ります

ドラッグストアで手に入るハンドサニタイザー(アルコール消毒液)のミニボトルはデザインもかわいく、お土産に喜ばれますよ。

セブ島のショッピングモールでお買い物!おすすめショッピングモールを解説セブ島はフィリピンで最も人気のある観光地の一つであり、その魅力は美しいビーチや歴史的な観光地だけではありません。 セブ島には、観光...
買い物
マクタン島でお買い物!おすすめのショッピングモールやおしゃれなショップをご紹介旅行に来たら、その土地でしか買えないものを求めてのショッピングも欠かせませんよね。 セブのビーチリゾートが集まるマクタン島にも、買...

基本情報

  • 名称:Island Central Mactan
  • 住所:MEPZ Ecozone, Mactan, Lapu-Lapu City, Cebu, Philippines
  • アクセス:マクタン・セブ国際空港からタクシーで約5分
  • 営業時間:10:00~22:00(日曜日のみ21時まで、定休日なし)
  • 公式サイト:https://island-central-mactan.business.site/

リゾートホテルでリラックス

旅行の疲れを癒すためにリゾートホテルでリラックスもあり。

ホテルのプールでのんびりと過ごすもよし、ビーチで日光浴を楽しむもよし、またはフィットネスセンターやスパで体をほぐすのも一つの選択肢です。セブ島のリゾートホテルは高いサービスレベルで知られており、多くのホテルで最高の体験ができます。

おすすめのスパ

さらにリフレッシュしたい方には、セブ島の高品質なスパを訪れることをおすすめします。ここでは、特におすすめのスパ施設を2つご紹介します。

アロマ
【エリア別】セブ島・マクタン島のおすすめ格安スパ・マッサージ店まとめフィリピン・セブ島では、マッサージやスパに行くのがおすすめ! 日本では高いイメージのあるマッサージですが、物価が安いセブ島には格安...

Chi, The Spa at Shangri-La

マクタン島の豪華なリゾートホテル、シャングリラ内にあるスパです。高級感溢れる施設とプロのセラピストが提供する一流のトリートメントを体験できます。

The Spa at Cebu

こちらは、セブシティにアヤラモールにあります。セブシティ滞在でスパでリラックスしたい方におすすめです。フィリピン伝統のヒーリングセラピーもあります。

夜まで滞在できる人は

深夜発のフライトで最後までアクティブに楽しむ!という方は、最終日にも現地ツアーを組み入れてもいいでしょう。

マリンスポーツなら午前のみ午後のみと短時間でアクティビティを堪能できます。パラセーリングバナナボートシーウォークが特に人気です。

遠くに行くのは不安という人は、マクタン島の高級リゾートホテルが提供するデイユースプランを利用してみてはいかがでしょう。

10,000円未満でホテルのプール・プライベートビーチを1日利用でき、ランチまでついた魅力的な内容です。

セブ・マクタン空港から日本へ

旅の最後は、セブ空港から日本への帰路につくことで締めくくります。

空港までの移動はホテルの送迎サービスやタクシーを利用することが一般的です。ショッピングやリラクゼーションで充実した最終日を過ごし、素敵な思い出と共に日本へと戻りましょう。これらの体験が、セブ島を訪れたいと思うきっかけになれば幸いです。

セブ島3泊4日効率よくまわるモデルコース

1日目:マクタンのビーチ

セブ島に到着したら早速海へ行きたいですよね。セブ島=ビーチのイメージをされる方が多いと思いますが、ビーチがあるのは飛行機が着陸するマクタン島です。セブ旅行というときには一般的に、セブ島とマクタン島内をさすことが多いです。

セブ島に到着したらマクタンのデイユースで海とプールへ

マクタン島からセブ市内までは車で50分ほどと少し離れています。セブ市内が宿泊地の場合ならば、空港に到着したらマクタンのデイユースを利用すると海やプールをすぐに楽しむことができます。これなら、限られた時間でしっかり海やプールが満喫できますよ。

夜はフィリピン料理とローカルビールを堪能

海やプールを楽しんだあとは食事ですね、フィリピン料理をしっかり味わいましょう。

「豚の丸焼き」という意味の「レチョンマノック」、豚の角煮のような「アドボ」など、定番のフィリピン料理は味が濃いものが多く、ビールによく合います。デイユースなどでしっかり遊んだ後のビールはまた最高ですね!

またリンゴ味とレモン味があるフレーバービールは、フルーティーでアルコールも3%なのでビールの味が苦手な方でも飲みやすいです。

お酒が弱い方はマンゴーシェイク、バナナシェイクなども100ペソ(約220円)程度で、日本よりずっと安く飲めるので南国フルーツのドリンクもぜひ味わってみてください。

2日目:島巡りとダイビング

ダイビング

2日目は、島巡りと体験ダイビングで海の中の世界も冒険しませんか。

アイランドホッピングで南国の風を感じながらまったり

フィリピンには7,000を超える島があり、セブ島の周辺にもボートで気軽に行ける島がたくさんあります。公共のボートでも行けますが、時間と手間を考えたら、1日にたくさんの島を回れるアイランドホッピングがおすすめ!

長い桟橋が有名なナルスアン島や、サンクチュアリに指定されているヒルトゥガン島など、効率良くたくさん巡って、セブ島の美しい海を楽しみましょう。

シュノーケルよりもダイビング!海の中の世界を冒険

アイランドホッピングでは主にシュノーケリングをすることが多いのですが、もっとおすすめなのがダイビング。ライセンスを持っていない人はインストラクターと一緒に体験ダイブを楽しめます。

日本人経営のダイビングショップでは日本人インストラクターが説明してくれるので、言語が伝わらない心配もありません。

セブ島周辺の海にはたくさんの熱帯魚やサンゴが生息しています。目の前に広がる大自然の水族館を楽しんでください。

3日目:ジンベイザメと泳ぐ

3日目はセブ島の人気No.1、ジンベイザメウォッチングスミロン島がおすすめです。

人気No.1アクティビティ、ジンベイザメウォッチング!

セブ島といえば、これを目当てに訪れる人もいるほど人気なのが「ジンベイザメウォッチング」。野生のジンベイザメに触れられるほどの距離で遭遇できる場所は、世界でもとてもめずらしいです。

シュノーケリングをしながらジンベイザメを観察したり、迫力のある写真を撮ったり、体長5メートル以上の巨大なジンベイザメと一緒に泳ぐ体験は一生の思い出になるでしょう。

透明度抜群のスミロン島やツマログの滝

ジンベイザメと泳げるオスロブ周辺には、ツマログの滝やスミロン島など訪れておきたい場所もたくさんあります。

その中でもおすすめなのが、森の中からひっそりと現れるツマログの滝。天然のドクターフィッシュに、マイナスイオンが浴びられる滝つぼ、ミネラルをたっぷり含んだ泥は美肌効果もあるそうです。

またスミロン島は、オスロブからボートで10分ほどの距離にあり、透明度の高い浅い海が広がっています。太陽の光が反射する青く透き通った海はキラキラと輝き、まるで別世界に来たよう。ぜひ一緒に訪れてみてください。

4日目:半日で遊びつくす!

最終日の4日目、最後まで遊びつくすなら半日で回れるこのパターンが鉄則です。

シラオガーデンでインスタ映えを狙え!

セブ市内から車で40分ほどの山を登った場所にある「シラオガーデン」は、カラフルでかわらしい花がたくさん咲いています。自然をモチーフに作られたフォトジェニックなインスタ映えスポットもあり、土日は特に多くの人でにぎわっています。

フィリピン人にも人気で、インスタグラムでハッシュタグ「sirao」を調べておくと、角度やポーズなど写真をうまく撮れる参考になると思います。

古代ローマのような建造物のテンプルオブレイア

セブの実業家が持ち主だそうで、若くして亡くなった最愛の奥さんのために建てられたという「テンプルオブレイア」。レイアは奥さんの名前で、セブの街を一望できるスポットとしても有名です。

2012年から建設が進められ、いまだにソフトオープンというのがのんびりした国のフィリピンらしいですね。神殿部分は完成しており、金色に輝くレイア像を見ることができます。

こちらもちょっとしたフォトジェニックスポットなので、シラオガーデンへ行く途中に一緒に回るのがおめすすめです。

セブの街を一望できるトップスでセブ島最後のご飯を食べよう

セブ島の市内観光ではずせないのが、「トップス(トップオブセブ)」。セブ島を一望できる絶景スポットとしても人気で、バーやレストランもたくさんあり夕日の時間帯を狙ってディナーを食べるのがベストです。

外国人にも人気の場所で、年中昼夜問わず訪れる人でにぎわっています。夜はきれいな夜景をながめながら、お昼なら澄んだ空気の中ランチを食べるのもおすすめ。家族、友達、恋人と楽しめるトップスで、セブ島最後の食事を楽しんでください。

セブ島3泊4日の予算目安

ノート

3泊4日に必要な予算は、おおよそ次のとおりです。

  • [航空券]往復20,000~100,000円
  • [食費]10,000~15,000円
  • [ホテル]1部屋3泊で8,000~45,000円
  • [ツアー・アクティビティ]10,000~30,000円
  • [タクシー・レンタカー代]2,000~10,000円

航空券の価格は時期によって変動が大きいですが、10万円までであれば相場の範囲内といえます。

ホテルも格安なゲストハウスから5つ星ホテルまで幅広いため、予算に応じて選んでくださいね。グループ旅行ならホテル代やタクシー代を分担でき、より予算を抑えられます。

セブ島観光のモデルコースを決める前準備

スーツケース

旅行に必要な予算

セブ島への旅行を計画する際には、以下のような項目について予算を考える必要があります。これらをあらかじめ把握しておくことで、旅行中のトラブルを避け、より快適に過ごすことができます。

航空券

航空券の価格は、旅行する時期や購入するタイミング、航空会社によって大きく異なります。

しかし、おおよその目安としては、往復の航空券はおおよそ4万円から10万円程度になることが多いです。旅行の日程が固まったら早めに航空券を購入することで、安い価格で購入できることもあります。

ホテル

セブ島のホテルの料金もさまざまです。

格安の宿泊施設なら一泊あたり2000円から、豪華なリゾートホテルなら一泊あたり1万円以上となることもあります。あなたの旅行スタイルや予算に合わせて選ぶことが大切です。

食事

料理

フィリピンは比較的物価が安い国なので、レストランでの食事費は一日あたり1000円から2000円程度で十分な場合が多いです。しかし、高級レストランを訪れたり、多くのアルコールを楽しむ場合はもう少し高くなることもあります。

セブ島のおすすめレストラン10選!おいしいフィリピン料理が食べられる美しい海と温暖な気候で人気のリゾート地、フィリピン・セブ島。リゾートでの楽しみといえばビーチやプール、そしてグルメですよね! セブ...

観光

セブ島にはたくさんの観光スポットがあります。無料のスポットもあれば、観光地によっては入場料が必要な場合もあります。

たとえば、シラオガーデンの入場料は大人200ペソ(約400円)、テンプルオブレイアーの入場料は50ペソ(約100円)などです。また、ガイドを雇う場合や、ダイビングなどのアクティビティに参加する場合は追加料金が必要になります。

交通費

セブ市内の移動には主にタクシーやジプニー(現地のバスのような交通手段)を利用することになります。これらの利用も考慮に入れておくとよいでしょう。

タクシーの基本料金は40ペソ(約80円)で、その後は距離に応じて料金が上がります。ジプニーはさらに安く、一回の乗車で約7ペソ(約14円)です。

これらを全て合計すると、大体の旅行予算が見えてきます。予算に余裕があるなら、何かあった時のために少し余裕をもたせておくと安心です。

セブ島行きの格安航空券を上手に探す方法

飛行機

旅行にとって航空券は大きな出費となりますが、うまく探せば格安の航空券を見つけることができます。その一方で、格安航空券にはいくつか注意すべき点も存在します。

以下に、格安航空券の探し方と注意点について詳しく説明します。

セブ島への行き方を攻略!飛行機の時間や予算を徹底チェックフィリピン随一のリゾート地、セブ島。フィリピンは、7,000以上の大小さまざまな島から構成されていますが、セブ島はほかの島に囲まれるよう...

早めの購入

航空券は早めに購入するほど安くなる傾向にあります。旅行の計画が決まったら、すぐに航空券を探し始めましょう。

比較サイトを活用

インターネット上には数多くの航空券比較サイトがあります。これらのサイトを活用することで、一度に複数の航空会社の価格を比較することができ、最安の航空券を見つけることができます。

オフシーズンを狙う

観光シーズン外のオフシーズンは、需要が少なくなるため航空券が安くなることがあります。ただし、セブ島の天候やイベント等を確認してから予約しましょう。

フライトの曜日と時間を工夫する

金曜日や日曜日、祝日の前後は需要が高まるため、航空券の価格も高くなる傾向にあります。可能であれば、平日や深夜・早朝のフライトを選ぶと安い場合があります。

格安航空券の注意点

変更・キャンセルの規定

格安航空券は、変更やキャンセルが難しい、もしくは高額の手数料が発生することが多いです。旅行計画が確定してから購入するようにしましょう。

手荷物の制限

格安航空券を提供している航空会社では、手荷物の重量や個数に厳しい制限がある場合があります。購入前に制限内容を確認し、自分の荷物が規定内に収まるか確認しましょう。

チェックイン時間

格安航空券の航空会社では、チェックインの締切時間が早い場合があります。出発時間に余裕を持って空港に到着しましょう。

乗り継ぎの時間

格安航空券は直行便よりも乗り継ぎの便の方が安いことがありますが、乗り継ぎの時間に余裕がないと、次の便に間に合わない可能性もあります。

これらのポイントを押さえて格安航空券を探せば、お得に旅行を楽しむことができます。ただし、注意点もしっかりと把握し、安さだけでなく、自分の旅行スタイルや条件に合った航空券を選ぶようにしましょう。

セブ島のリゾートホテル情報:マクタン島の特集

セブ島には様々なリゾートホテルが点在していますが、その中でも特に人気なのが、セブ島の隣に位置するマクタン島のリゾートホテルです。マクタン島は、美しいビーチと豊富なマリンスポーツ、そして高級リゾートが集まるエリアとして知られています。

マクタン島には、豪華なプールやプライベートビーチ、美味しいレストラン、スパ、ジムなど、豊富な施設を備えた5つ星ホテルが多くあります。

セブ島のおすすめホテルを厳選!高級リゾートホテル、5つ星ホテル、ヴィラの特徴も解説フィリピンのセブ島は、日本から飛行機で約5時間の場所にある人気リゾート地。透明なブルーラグーンや1年を通して温暖な気候から、多くの観光客...

シャングリ・ラ マクタン リゾート & スパ

豪華さと上質なサービスで知られるシャングリ・ラ マクタン リゾート & スパは、セブ島でも特に人気のあるホテルの一つです。

広大な敷地内にはプライベートビーチ、プール、スパ、レストランなどがあり、一歩足を踏み入れるとまるで別世界に迷い込んだかのような感覚を味わえます。

マリバゴ・ブルーウォーター・ビーチリゾート

このリゾートは、ビーチフロントに立地しており、キレイな海と白い砂浜が広がる美しいビーチを楽しむことができます。また、リゾート内には3つのプールや多様なレストランがあり、一日中楽しむことができます。

プランテーション・ベイ・リゾート

プランテーション・ベイ・リゾートは、どの部屋からでもすぐにラグーン、プール、砂浜に行けるリゾートです。

自然豊かな環境でリラックスするだけでなく、ダイビングやスノーケリングといったマリンスポーツを楽しむこともできます。

Jパーク・アイランド・リゾート・アンド・ウォーターパーク

特に家族連れに人気のあるこのリゾートには、フィリピン最大級のウォーターパークがあります。滑り台や波のプール、潜水プールなど、楽しいアクティビティが盛りだくさんです。

クリムゾン・リゾート・アンド・スパ・マクタン

フィリピン伝統のホスピタリティと最新の設備が融合したこのリゾートは、高級感あふれる滞在ができます。

美しい海岸線とともにプール、スパ、フィットネスセンターなどがあり、贅沢な時間を過ごせます。

コスタベラ・トロピカルビーチホテル

緑豊かな庭園と白い砂浜のビーチを楽しむことができるこのリゾートは、穏やかな雰囲気が魅力です。さまざまなレストランとバー、プール、スパなどがあり、リラックスした時間を過ごすことができます。

モーベンピックホテル・マクタンアイランド

ここは、贅沢な設備とサービスで知られる5つ星のリゾートホテルです。広大なプールや、色とりどりの熱帯魚が泳ぐ美しい海を見渡すプライベートビーチがあり、心地よいリゾートライフを体験できます。

これらのホテルでは、海を眺めながら贅沢な時間を過ごすことができます。また、ダイビングやスノーケリングなどのマリンアクティビティも充実しており、海を満喫したい方には最適な選択と言えるでしょう。

ただし、これらのリゾートホテルは比較的価格が高めなので、予算を考慮して選ぶ必要があります。それでもリゾートホテルで過ごすことは、セブ島観光の一つの醍醐味です。

セブ島観光でよくある質問と解答

以下は、セブ島旅行に関するよくある質問とその解答です。旅行前に確認して、より安心して旅を楽しんでください。

Q1: セブ島は治安が悪いと聞きますが、本当ですか?

A1: 一概に全体が治安が悪いとは言えません。都市部は比較的安全ですが、夜間の外出や人気の少ない場所は避ける、貴重品はホテルのセーフティボックスに預けるなど、基本的な注意は必要です。

Q2: セブ島の観光地は英語が通じますか?

A2: はい、セブ島は英語が広く使われていて、ホテルやレストラン、観光地では基本的に英語でコミュニケーションを取ることが可能です。

Q3: フィリピンの電源プラグは日本と同じですか?

A3: フィリピンの電源プラグは主にタイプAとタイプBが使われています。これらは日本のプラグとは形が異なるため、変換プラグが必要になることがあります。

セブ島観光モデルコースのアドバイス

セブ島は年間を通して温暖で、特に11月から5月は雨季を避けられるため、観光に適した季節、つまりベストシーズンとなります。

また、セブ島の食事は非常に美味しいですが、水については注意が必要です。飲料水はボトルウォーターを利用し、露天のフードスタンドなどでは、衛生状態を確認するようにしましょう。

セブ島のベストシーズンはいつ?季節(乾季・雨季)や気候、服装を解説!一年中、青く美しい海でマリンアクティビティを楽しむことができるフィリピン・セブ島。 季節は「夏」だけのイメージですが、最高気温、日...

まとめ~セブ島を3泊4日で満喫

ビーチ

遠くまで旅行するには少し足りない4日間。そんな期間でもさまざまな楽しみ方ができるセブの魅力に気付いていただけたのではないでしょうか。

日本ではなかなかできないような経験もたくさんできるので、実際に行ってみると日数以上の充実感を得られますよ。せっかくのお休みで思う存分リフレッシュできるように、モデルプランを参考に計画してみてくださいね。

おすすめセブ島オプショナルツアーランキング

セブ島でアクティビティをしたい!そう思っても、どれを選んだらハズれないのか心配ですよね。

今回は、たくさんの方に選ばれているオプショナルツアーを3つに絞ってご紹介します。ぜひセブ島観光の参考にしてみてくださいね!

ランキング1位
【ジンベイザメツアー】スミロン島アイランドホッピング!遭遇率99.8%でジンベイザメと泳げる/絶景&超接近シュノーケリング
評価
ポイント大迫力のジンベイザメとシュノーケリングできる
ポイント透明度抜群のスミロン島へアイランドホッピング

ツアー詳細を見るツアーを探す

ランキング2位
【ボホール島ツアー日帰り】ターシャ&チョコレートヒルズの大展望スポット/バギー&ジップバイク体験可/生演奏リバークルーズランチ付
評価
ポイントまるでチョコレートに見えるチョコレートヒルズ
ポイント世界最小の可愛いメガネザルターシャに会える
ポイントジャングルリバークルーズをしながら美味しいランチ

ツアー詳細を見るツアーを探す

ランキング3位
【ナルスアン島ツアー】アイランドホッピング2島巡り!上陸&ヒルトゥガン島の海洋保護区シュノーケリング
評価
ポイント島よりも長い桟橋がインスタ映えするナルスアン島
ポイントたくさんの熱帯魚と泳げる最高のシュノーケリングスポット
ポイント海上レストランでのランチが美味しい!

ツアー詳細を見るツアーを探す

ABOUT ME
セブイクマガジン編集部チーム
セブ島在住歴5年のディレクターとフィリピン在住歴20年以上のセブ島を知り尽くしたスペシャリストが執筆及び監修をしています。 国家資格である総合旅行業務取扱管理者資格保有者も在籍。 その他、プロダイバー資格、インストラクター資格、救命救急のEFRを保有。セブ島で最高の体験を提供するため、日々コンテンツを研究中。
RELATED POST
お役立ち

セブ島おすすめのお土産21選!定番・女子ウケ・ばらまきにお土産と選ぶポイントご紹介

2023-03-14
セブイクマガジン|セブ島観光
セブ島は、美しい海と白い砂浜の大自然に囲まれ、アクセスも良くアクティビティが豊富なので人気の旅行先の一つですよね。リゾート地ならでは、南国感 …