観光スポット

【完全版】セブ島オスロブでジンベイザメと泳ぐには?安全性や値段、ツアーの流れ、ベストシーズン解説

大きな体と愛嬌ある見た目で、水族館でも人気のジンベイザメ。リゾート地として有名なフィリピンのセブ島では、なんとジンベイザメと一緒に海を泳ぐことができるのです!

しかし、

  • 「ジンベイザメは本当に安全なの?」
  • 「本当にジンベイザメと泳げるの?」
  • 「値段はどれくらい?」

と気になる方も多いかもしれません。この記事ではセブ島のジンベイザメツアーについて、魅力や安全性、参加方法、値段の相場、ツアーの流れ、ベストシーズンなどを徹底的に解説していきます!

※1ペソ=約2.1円

\おすすめのセブ島オプショナルツアー/

  • セブイク(セブ島で人気のオプショナルツアーを見る)

セブイクでは高い満足度を誇るオプショナルツアーを多数掲載しております。いろんなオプショナルツアーがあるため、どれを選べばいいのか迷いますよね。

セブイクではセブ島在住のコンシェルジュが最適なプランを無料でお伝えしています。

利用無料で面倒な登録ナシ!LINEでサクッと質問できちゃいます。

 

セブ島オスロブで見れるジンベイザメの魅力とは

セブ島で間近で見れるジンベイザメの魅力

  • ジンベイザメと一緒に泳げる!
  • セブ島には多くのジンベイザメがいて99.8%以上の高遭遇率!
  • セブ島の海は透明度が高い!
  • ツーショットで記念撮影ができる!

 

ジンベイザメと一緒に泳げる!

セブ島のジンベイザメツアーには数多くの魅力があります。

中でも1番のポイントは、普通のウォッチングツアーのようにただ船の上から見ているだけではなく、実際にジンベイザメと一緒に泳ぐことができる点でしょう。

ジンベイザメが生息するスポットは限られており、一緒に海を泳ぐのはなかなかできることではありません。世界最大の魚類であるジンベイザメを間近に感じながら泳ぐのは、とても貴重な体験になること間違いなしです!

ボートの上から見れる

ジンベイザメスポットへはボートで行くため、泳げなくてもボートの上からジンベイザメを見ることができます。

ライフジャケットを着用してボートに乗るので、泳げなくても安心。

船の上からでもジンベイザメウォッチングを楽しむことができます。

セブ島には多くのジンベイザメがいる!

ジンベイザメに会えるスポットは、フィリピンのセブ島をはじめ世界中に数ヶ所あります。

中でもセブ島が優れているのは、ジンベイザメの数が多く、一年を通してほぼ確実に見られるという点。多いときで数十頭のジンベイザメに会うことができるのは、セブ島ならではの強みです。

セブ島の海は透明度が高い!

セブ島の海は透明度が非常に高く、世界中のダイバーの憧れの地となっています。エメラルドグリーンの海の中には、南国らしいカラフルな魚やきれいなサンゴ礁が。

ジンベイザメに会えるだけでなく、世界有数の美しい海を泳ぐという点でも楽しめるでしょう!

セブ島オスロブのジンベイザメは安全なの?

サメと言えば凶暴で恐ろしく、いろいろな生き物を捕食するイメージがあるかもしれません。ジンベイザメはサメの仲間ですが、一緒に泳いでも安全なのでしょうか?

ジンベイザメは人に危害を与える可能性は低い

実は、ジンベイザメは非常に穏やかな性格です。主食はプランクトンや小魚などで、歯もとても小さく、人に危害を与えることはありません。

そのため、ジンベイザメと一緒に泳ぐのはまったく心配ないと言えます!

ただしジンベイザメはとても繊細なので、フラッシュをたいて撮影したり触ったりすると驚いてしまうことがあります。ジンベイザメに余計な刺激を与えないためにも、ルールを守って泳ぐことが大切です。

セブ島オスロブでジンベイザメを見たい!でも泳げなくても大丈夫?

ライフジャケットを着用

泳ぐのが苦手な方は、ジンベイザメツアーに参加することを不安に感じるかもしれません。しかし、こういったシュノーケリングのツアーではライフジャケットを着用するので、溺れることはまずないでしょう。

遊泳中は泳ぎの得意な方とバディを組むことになったり、プロのスタッフに優先的に見てもらえたりと、何らかの方法で安全策が講じられます。万が一溺れてしまったとしても、プロのスタッフにすぐに助けてもらえますよ。

泳げなくてもそれほど心配する必要はありません。

船の上から眺められる

それでも海に入るのが怖い方は、ボートの上からジンベイザメを眺めることも可能です。ボート上からは水面近くまで浮上してきたジンベイザメを間近で見ることができます。

海に入らなくても楽しめます。

セブ島オスロブのジンベイザメツアーのベストシーズン

ベストシーズンは12月~5月の乾季

セブ島のジンベイザメツアーは、一年を通して開催されています。常夏のセブ島では一年中海に入ることができ、ジンベイザメを見られないシーズンはありません。

その中でも、ベストシーズンと言えるのは12月~5月の乾季。

この時期は雨が少なく温暖なため、おすすめのシーズンです。

雨季(6月~11月)

6月~11月は雨季のため、スコールのような大雨が降ることもあります。とはいえ、一日中ずっと降り続くわけではなく、雨は主に夜に降り、日中は晴れ間が見られることが多いです。

雨はすぐに止むのでジンベイザメツアーが中止になることはほとんどありません。

セブ島オスロブでジンベイザメと泳げる時間帯

午前6時から10時ごろが目安

ジンベイザメとシュノーケリングを楽しむためのツアーは通常、早朝から開始されます。

ジンベイザメは早朝に最も活発で、人々が少ない時間帯に出現することが多いため、出会いの確率を上げるためには早朝のツアーがおすすめです。

具体的には、多くのツアーが午前6時から10時までの間に実施されています。

これはジンベイザメが餌を探しに来る最適な時間帯であり、またこの時間は海のコンディションも比較的安定しているためです。

セブ島オスロブでジンベイザメと泳げる場所と行き方

ジンベイザメが見られるのはセブ島南部のオスロブ!

ジンベイザメツアーが開催されるのは、セブ島の南端に位置するオスロブという漁村。セブ市内から車で3時間以上、マクタン島からは4時間ほどの場所にあります。

オスロブはとても小さい町ですが、高層ビルが立ち並ぶセブ市内とは対照的に、海に囲まれた自然豊かな環境です。

オスロブにジンベイザメが集まったわけ

現在のオスロブは、野生のジンベイザメが現れるセブ島の観光スポットとして有名ですが、もともと漁師さんたちが、港にやってきたジンベイザメたちにエサを与えていたのが、ジンベイザメがオスロブに集まりはじめるきっかけでした。

そして、現在のように、ジンベイザメが自然と集まり観光地となります。そんな、もともとは漁師さんからジンベイザメへの優しさで出来上がった環境がオスロブです。

自力でのオスロブへの行き方

バス

セブ市内からオスロブへ行くには高速バスを使います。ツアーを申し込んでいる場合はホテルまで送迎してくれるので問題ありませんが、もし自力で行く場合はセブ市内のバスターミナルから乗るといいでしょう。

バスの場合は3〜4時間着いたら現地ででシュノーケリングをするために受付で申し込みをします。

セブ市内の「サウスバスターミナル」は早朝から営業しており、オスロブへ直行するバスが出ています。

ちなみに、バスはエアコン付きとエアコンなしの2種類があります。値段は20ペソ(約40円)程度しか変わらないので、エアコン付きのバスをおすすめしますよ。

BCD(現地)で申し込む際にかかる料金まとめ(バスで行く場合)

  • タクシー代:200ペソ前後(宿泊先からサウスバスターミナル)
  • バス代(片道):160ペソ前後(エアコンあり/なしが選べます)
  • シュノーケリング体験代:1,000ペソ(※海に入らずボートからジンベイザメを観察するだけの場合は500ペソ)
  • BCD施設利用料:70ペソ(トイレやシャワーが使えます)
  • ランチ:200〜400ペソ
  • お土産代:300ペソ前後
  • 帰りのバス代とタクシー代:400ペソ程度

ランチ代やお土産代を入れると、約1人8,800円(4,000ペソ)

自力で行く場合、バスが来る時間を調べる、早く起きて自分たちでバス停まで向かう、受付をするなどチャレンジングです。

慣れない土地でするので、セブ島旅行というよりはバックパッカー旅のようになります。

セブ島オスロブ以外でジンベイザメが見れるスポットはボホール島

ボホール島

セブ島以外でジンベイザメとシュノーケリングができないかというと、実はボホール島にもジンベイザメと泳げるスポットがあります。

オスロブのジンベイザメスポットよりも観光客が少ないため、比較的スムーズにジンベイザメと泳ぐことができます。

あわせてボホール島観光をしたい方には、おすすめのスポットです。

セブ島オスロブでジンベイザメと泳ぐにはシュノーケリング?スキューバダイビング?

シュノーケリングのメリットとデメリット

シュノーケリングのメリットは、水中ゴーグルとシュノーケルをつけるだけで簡単にできるという気軽さです。ジンベイザメは餌付けをしているボートの近くまで浮上してくるので、シュノーケリングでも十分ジンベイザメの近くを泳げます。

シュノーケリングのメリット

  • 手軽に行える
  • 体験ダイビングよりも値段が安め
  • スキルがほぼいらない

 

シュノーケリングのデメリット

  • 深い場所にいるジンベイザメとは泳げない

スキューダイビングのメリットとデメリット

海の中に潜ってジンベイザメをじっくり見られるのは、ダイビングならではの醍醐味です。深いところに潜ってジンベイザメを見上げることもでき、いろいろな角度からジンベイザメの姿を目に焼き付けられます。

ダイビングのメリット

  • 浅瀬以外でもジンベイザメと泳げる
  • いろいろな角度からジンベイザメを見られる

 

ダイビングのデメリット

  • シュノーケリングよりも値段が高め
  • 簡単なスキルが必要

セブ島オスロブでジンベエザメとシュノーケリングするまでの流れ

朝8時ごろにオスロブに到着します。ジンベイザメを観れるのは午前中のみのため、この時間帯で多くの観光客がジンベエザメを見るために集まっていました。

韓国語や中国語、ヨーロッパ系の言語まで……。セブ語以外の多くの言語が飛び交う人気スポット。

トイレは1回5ペソ(約10円)です。

ガイド一緒に受付とオリエンテーションを受ける

日本語で書かれた注意書きは以下のようなものです。

  • ジンベイザメには直接触れない※ジンベイザメに触ると、ペナルティーとして1万ペソ(約2万円)ほどの罰金
  • 約4mの距離をあけるようにする
  • 日焼け止めを塗って海に入らない
  • フラッシュ撮影は禁止

ジンベエザメとずっとうまく共存していくために協力しましょう!

セブ島オスロブでジンベエザメとシュノーケリング

10人ほどの小型ボードに乗船!

3分ほどでジンベエザメがいるエリアに到着します

シュノーケル時間は30分

シュノーケル時間はどの船も一律30分と決められています!

スタッフが写真撮影

スタッフ(ボートマン)が「フォトフォト」と叫んでいるので、いやでもたくさん写真を撮ってもらえます。

また、スマホを渡せばスマホでも写真を撮ってくれますので、どんどん写真を撮ってもらいましょう。

10〜12匹のジンベイザメ

通常、5~6匹程度のジンベエザメに会えますが、晴天だと10〜12匹も見ることができます。

そのため、見渡す限りジンベエザメの群れ!大小様々で可愛いです!

しかも、こんな至近距離。この瞬間、生きてて良かったと思えます。

仮に泳ぎが苦手でライフジャケットを着ていても、ジンベエザメと一緒に写真を撮ってもらえますよ!

セブ島オスロブのジンベイザメツアーに参加する方法

日本の旅行会社で申し込む

最も簡単なのが、日本の旅行会社経由でツアーに申し込むこと。

中でも一番手軽なのは、航空券・宿泊費・ジンベイザメツアー代がすべて含まれているセットプランを予約することです。すべて旅行会社が手配してくれるので楽ですが、その分値段も高くなりがちです。

旅行会社で申し込むメリット

  • 旅行会社が手配してくれるので楽
  • セットプランでは飛行機やホテルの予約も含まれている
  • ツアー内容を日本語で確認できる

旅行会社のツアーを利用するデメリット

  • 値段が高い

日本のオプショナルツアーサイトを利用する

他には、アクティビティのオプショナルツアーを手配しているサイト経由で申し込む方法もあります。

ジンベイザメツアーは人気なので、セブ島のオプショナルツアーサイトには必ずと言っていいほどあるでしょう。

オプショナルツアーサイトで申し込むメリット

  • ツアーサイトが手配してくれるので楽
  • ツアー内容を日本語で確認できる
  • 旅行会社を通すよりも値段が安め

オプショナルツアーサイトで申し込むデメリット

  • 信頼できるサイトを見極めないといけない

 

宿泊先に申し込んでもらう

ホテルやゲストハウスによっては、ジンベイザメツアーの受付を行っているところもあります。

宿泊先に到着してから申し込んでも対応してもらえるので、急に予定が変わって参加したくなったという方でも大丈夫。

値段は宿泊先によって幅があるので一概には言い切れませんが、旅行会社を通すよりも安いことが多いようです。

宿泊先に申し込んでもらうメリット

  • 宿泊先の提携ショップに申し込めるので安心
  • 急な参加でも対応してくれる場合が多い
  • 宿泊先までの送迎がついている場合も

宿泊先に申し込んでもらうデメリット

  • ツアー内容を日本語で確認できない

現地のショップで直接申し込む

値段を抑えるためには、現地のショップで直接申し込むのが最も経済的。ただし、ツアー内容の説明や事前講習は英語で行われる場合がほとんどです。

現地のショップで直接申し込むメリット

  • 値段が安め

現地のショップで直接申し込むデメリット

  • ツアー内容を日本語で確認できない
  • オスロブまで自力で行かなくてはいけない場合も
  • 信頼できるショップを見極めないといけない

セブ島オスロブのジンベイザメツアーの値段

参加費

セブ島のジンベイザメツアーの値段は、ツアー会社によってかなり異なります。

しかし基本的には、ジンベイザメとのシュノーケリングのみであれば10,000~15,000円前後、体験ダイビングであれば20,000円前後が相場でしょう。これらの値段には通常、セブ市内のホテルからの送迎や、シャワーの利用料などが含まれています。

また、合わせて近隣のスミロン島へアイランドホッピングやカワサン滝でのキャニオニング、モアルボアルでのイワシトルネードなどもとても人気です。

ジンベイザメとの組み合わせ

  • ジンベイザメだけ見る
  • ジンベイザメ&スミロン島
  • ジンベイザメ&カワサン滝
  • ジンベイザメ&キャニオニング
  • ジンベイザメ&モアルボアル
  • ジンベイザメ&シマラ教会

などさまざまな組み合わせがあります。

気になる方は「【人気No1】セブ島ジンベイザメと泳ぐツアー」をチェックしてみましょう。

値段を抑える方法

安いのはオスロブの現地ショップで、1,000ペソ(約2,000円)程度でシュノーケリングができるところもあります。

ただし、現地オスロブまで自力で行く必要があります。

自力で行く場合は、片道3-4時間程度のバス移動です。また、ロッカーやトイレなどの設備が整っていなかったりするので、オプショナルツアーサイトなどを利用したほうが安心とも言えます。

セブ島オスロブのジンベイザメツアー参加の流れ

AM3:00-4:00頃 出発

ホテル送迎

ジンベイザメツアーはとても早い時間に始まります!

ジンベイザメがいるオスロブまではセブ市内から片道3時間以上かかる上、ジンベイザメが見られるチャンスは午前中の早い時間だけなのです。

ツアーを申し込んだ場合は、専用のバスでホテルまで迎えに来てくれます。早起きさえ頑張れば、あとはバスの中で眠っても大丈夫。

AM7:00頃 事前説明&準備&ボートで移動

現地に着いたら水着に着替え、ツアーの説明を受けます。

説明は英語ですが、日本人観光客も多いためか日本語の注意書きが配られる場合も。繊細なジンベイザメを刺激することのないよう、注意事項をしっかりと読み込んでおきましょう。

ライフジャケットやウェットスーツを身に着け、ボートに乗ってジンベイザメが見られるスポットに移動します。

AM8:00頃 ジンベイザメと泳ごう

いよいよジンベイザメとのご対面!自由時間は30分間です。ジンベイザメと写真を撮ったり、一緒に泳いだりして楽しみましょう!

AM9:00頃 シャワー&着替え

ジンベイザメを見終わったら、ボートに戻って陸に上がります。

遊泳中はジンベイザメのエサの匂いが体につくので、シャワーでしっかり流しましょう。

AM11:00頃 近くのお店でランチ

朝から活動しているので、この時間にはお腹がペコペコになっているはず!ツアーの場合はガイドが近くのお店まで連れて行ってくれることが多く、そのままランチをとることができます。

ツアー終了後は他のアクティビティに参加するのも◎

ジンベイザメツアー終了後は、ホテルまで帰るもよし、他のアクティビティに参加するもよし。

セブ市内から3時間以上かけて移動してきているので「せっかくなので遊んで帰りたい!」と考える人も多いようです。

透明度抜群のスミロン島でのアイランドホッピングや、セブ最大の滝であるカワサン滝、神秘の滝と呼ばれるツマログ滝、ウミガメと泳げるモアルボアルなどへ行けるツアーもありますよ。

気になる方は「【人気No1】セブ島ジンベイザメと泳ぐツアー」をチェックしてみましょう。

セブ島オスロブのジンベイザメが中止になる場合とは

セブ島オスロブのジンベイザメツアーが中止になる可能性がある場合はどんな時でしょうか。いくつかの理由をご紹介します。

天候の悪化

台風や激しい雨、強風など、海上の安全を確保できない状態のとき。海の状況(例: 高波)が悪い場合は中止になることがあります。

セブ島オスロブ地域は台風の通過など、参加者の安全を最優先とするため、ツアーが中止となることがあります。

特にボートでの移動がメインとなる場合、安全な航行が困難と判断された際には中止となる可能性が高まります。

健康・安全上の問題

全世界的な感染症の流行や地域的な疾病の拡大が考えられる場合、参加者やスタッフの健康を守るためにツアーが中止されることがあります。

また、その他の危険な状況(例:テロリズムや犯罪活動の情報)もツアー中止の原因となり得ます。

予測不能な事情

例えば地震や火山活動、その他の自然災害が発生した場合、地域の安全性やアクセスの問題からツアーが中止となることが考えられます。

その他にも、政治的な不安定性や突発的な事故・事件なども影響する可能性があります。

ジンベイザメの状態

オスロブでの遭遇率は99.8%とほとんどの確率で見ることができます。

ただし、ジンベイザメは野生の生物のため常に一定の場所に存在するわけではありません。その日の状態や海流の変動、食物の量などによっては、見ることができない日もあるかもしれません。

ジンベイザメの保護を優先するため、またジンベイザメの健康状態を考慮して一時的にツアーを中止することも考えられます。

セブ島オスロブのジンベイザメと泳ぐ時にあると便利な持ち物

ラッシュガード

ラッシュガードを着ていると、日焼け対策、クラゲ対策ができて一石二鳥です。

クラゲもジンベイザメと同じようにプランクトンを食べに来ます。クラゲに刺されると、蚊に刺されたようにぷくっと腫れ、場合によってはとても強い痛みがあります。

肌に直接当たらなければ刺されることも少ないので、1番のクラゲ対策になるのでおすすめです。

また、日焼け止めクリームを塗ってはいけないオスロブで、最適な日焼け対策にもなるので、ラッシュガードはジンベイザメツアーにぴったりです。

スマホ用防水バック

オスロブでジンベイザメスポットまで行く際にボートから、スマートフォンなどの貴重品を海に落とさないためにあると便利です。

大きな額のお金を持ち歩くのも危険なので、軽食やお土産を買えるほどの小銭も入れておきましょう。

水中で写真を撮るなら、防水カメラ(Go Proなど)がおすすめですが、スマートフォンを持っていく方も多くいます。

海に落としてしまうと、ほとんどの場合戻って来ないので、スマートフォンが防水でない方はもちろん防水の方も持っていると便利です。

セブ島オスロブのジンベイザメとシュノーケリングでの注意点

ジンベイザメツアーの出発時間が早い

ジンベイザメとのシュノーケリング体験は午前11時ごろまでで受付が終わってしまうので、ジンベイザメツアーは午前中からしか実施されていません。

そのため、セブ市内やマクタン島に宿泊している方は出発がとても早く、ほとんどの場合4時前後になります。行きの車の中でも寝れますが、ジンベイザメツアーを1日思いっきり楽しむためにも、前日は早く寝るようにしましょう

オスロブで日焼け止めを塗るのは禁止

オスロブでシュノーケリング体験をする際に、気をつけて欲しいのが日焼け止め。ジンベイザメは主食のプランクトンを食べるために、一緒に大量の海水を飲み込みます。

毎日たくさんの観光客が訪れるオスロブで、みんなが日焼け止めを塗って海に入ってしまうと、日焼け止めの成分が水に混ざり、ジンベイザメが飲み込んでしまいますよね。

ジンベイザメたちが安全に生活できるように、海に入るときには配慮が必要です。また、ピアスなど落としてしまうと、ジンベイザメが間違って食べてしまうのでアクセサリーも外しましょう。日焼けが気になる方は、ラッシュガードの着用をおすすめです。

ジンベイザメに触らない

「ジンベイザメに触らない」はシュノーケリング体験のもっとも大切なルールです。ジンベイザメは人を襲ったりしませんが、野生に住む生き物ですので急に触られたら驚いてしまいます。

参加者と同様にジンベイザメにとっても安全であって欲しいですよね。ジンベイザメから近づいてきて、触れてしまったという場合もありますが、自分からわざと触らないことが、安全に楽しくジンベイザメとシュノーケリングをするポイントです。

セブ島オスロブのジンベイザメスポットと合わせていくならどこがおすすめ?

ジンベイザメツアーはシュノーケリング体験の受付時間の関係で、午前中開催されています。ですので、シュノーケリング体験だけだと午前10時前後でツアーが終わってしまうことも……。

そのまま帰ってしまうのは、せっかくオスロブまで車で3〜4時間かけてきたのにもったいないです。「1日遊びたいな」という方はオスロブから近い人気スポットを訪れましょう。

モアルボアルでウミガメと泳ぐ

透き通るような海が魅力のモアルボアルは、ジンベイザメの見れるオスロブと合わせていくのがおすすめ!

ウミガメやイワシトルネードなど海の魅力がたっぷり詰まったスポットとして人気のエリアです。

カワサン滝で滝遊び

ジンベイザメとのシュノーケリングと合わせていくのにおすすめなのが、セブ島でも最大級の滝をもつカワサン滝。その神秘的なエリアは大満足間違いなし。

最近では、カワサン滝のキャニオニングも人気です。

スミロン島のホワイトサンドビーチ

ジンベイザメとのシュノーケリングを楽しんだあとは、オスロブからボートで15分ほどとアクセスが良いスミロン島に向かうツアーが人気です。

透明度が抜群に高いスミロン島のビーチは、綺麗な海を楽しみたいならぴったりな場所。

砂浜が出ている時間は午前中だけなので、幻のビーチとも言われています。そんなスミロン島では「浜辺でまったりするのも良し」「島の中を散策するもの良し」。思い出に残る体験になること間違えなしです!

セブ島オプショナルツアー人気No.1

参加者の評価(4.9/5)

ツマログ滝でマイナスイオン体験

ジンベイザメとシュノーケリング体験ができる、オスロブから車で5分ほどのところにある、神秘の滝とも言われる「ツマログ滝」。

乳白色な水の色がなんとも幻想的な雰囲気なツマログ滝の魅力は、何と言っても滝からのマイナスイオンが浴びられるところです。

壮大な滝を背景にインスタ映え写真を撮ることもできますし、天然のドクターフィッシュがいるのもおすすめのポイント。

空気がおいしく自然を体いっぱいに感じる、木々が生き生きしたツマログ滝は、日頃の疲れを癒すのに絶好の場所です!

セブ島オプショナルツアー人気No.1

参加者の評価(4.8/5)

シマラ教会で奇跡体験

シマラ教会

セブ島のシマラ教会は、フィリピンでも人気の観光名所。美しい建築と平和な雰囲気で知られ、多くの巡礼者や観光客が訪れます。

教会内部は装飾が豪華で、特に聖マリアの像が有名です。この地域の文化や信仰の重要な一部とされています。

 まとめ

セブ島ならではのアクティビティとして人気を集めるジンベイザメツアー。シュノーケリングに慣れている方はもちろん、泳ぎが苦手な方でもプロが付いているので安心して参加できそうです。

世界最大の魚類であるジンベイザメは、最長で10メートル以上の大きさにもなります。人の何倍もあるジンベイザメが、肌が触れるほどの至近距離でゆったり泳いでいる姿はまさに圧巻。感動の体験ができることでしょう!

セブ島に行ったら、みなさんもぜひジンベイザメツアーに参加してみてくださいね!

おすすめセブ島オプショナルツアーランキング

セブ島でアクティビティをしたい!そう思っても、どれを選んだらハズれないのか心配ですよね。今回は、たくさんの方に選ばれているオプショナルツアーを3つに絞ってご紹介します。

ぜひセブ島観光の参考にしてみてくださいね!

ランキング1位
【ジンベイザメツアー】スミロン島アイランドホッピング!遭遇率99.8%でジンベイザメと泳げる/絶景&超接近シュノーケリング
評価
ポイント大迫力のジンベイザメとシュノーケリングできる
ポイント透明度抜群のスミロン島へアイランドホッピング

ツアー詳細を見るツアーを探す

ランキング2位
【ボホール島ツアー日帰り】ターシャ&チョコレートヒルズの大展望スポット/バギー&ジップバイク体験可/生演奏リバークルーズランチ付
評価
ポイントまるでチョコレートに見えるチョコレートヒルズ
ポイント世界最小の可愛いメガネザルターシャに会える
ポイントジャングルリバークルーズをしながら美味しいランチ

ツアー詳細を見るツアーを探す

ランキング3位
【ナルスアン島ツアー】アイランドホッピング2島巡り!上陸&ヒルトゥガン島の海洋保護区シュノーケリング
評価
ポイント島よりも長い桟橋がインスタ映えするナルスアン島
ポイントたくさんの熱帯魚と泳げる最高のシュノーケリングスポット
ポイント海上レストランでのランチが美味しい!

ツアー詳細を見るツアーを探す

ABOUT ME
セブイクマガジン編集部
セブ島在住歴3年のディレクターとフィリピン在住歴20年以上のセブ島を知り尽くした日本人が執筆及び監修をしています。インストラクター資格を保有。
RELATED POST
観光スポット

パンダノン島は天国に一番近い島!楽しみ方や行き方、ツアーの参加方法も解説

2024-01-13
セブイクマガジン|セブ島観光
セブ島近海の離島であるパンダノン島。「天国に一番近い島」とも呼ばれている通り、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海がとても美しく、多くの観光 …
マクタンシュライン 観光スポット

マクタン島の憩いの場「マクタンシュライン」〜公園でゆっくり過ごしたいならココへ!

2021-10-12
セブイクマガジン|セブ島観光
美しく澄んだ青い海に純白の砂浜など、いまだ手付かずの自然が広がるフィリピン・セブ島。 その一部では都市開発が進み、セブ島、マクタン島も …
観光スポット

Nerisville Selfie Corner(ネリスビルセルフィコーナー)セブ島のインスタ映えスポット

2022-09-01
セブイクマガジン|セブ島観光
セブ島と言えばイメージは青くすみわたる海や大自然の山々ですがセブ島の魅力は海だけではありません。セブ市内から行ける山エリアには、たくさんのお …