お役立ち

セブ島のベストシーズンはいつ?服装やおすすめの季節(乾季・雨季)気候を解説!

一年中、青く美しい海でマリンアクティビティを楽しむことができるフィリピン・セブ島。

季節は「夏」だけのイメージですが、最高気温、日照時間、降水量など年間を通して少しずつ違います。また、実際にセブ島に住んでいると、日本の夏とはまた違った気候のように感じます。

今回は、セブ島の気候や、それに合った服装、ベストシーズンなどをセブ島在住者の視点からご紹介していきたいと思います。

\おすすめのセブ島オプショナルツアー/

  • セブイク(セブ島で人気のオプショナルツアーを見る)

セブイクでは高い満足度を誇るオプショナルツアーを多数掲載しております。いろんなオプショナルツアーがあるため、どれを選べばいいのか迷いますよね。

セブイクではセブ島在住のコンシェルジュが最適なプランを無料でお伝えしています。

利用無料で面倒な登録ナシ!LINEでサクッと質問できちゃいます。

 

セブ島のベストシーズンは乾季

セブ島の季節は細かく分けると4つに分類することができます。分かりやすいように、気温と降水量からその4シーズンに名前を付けてみます。

  1. 乾季:12月〜2月(ベストシーズン)
  2. 夏季:3月〜5月
  3. 雨季:6月〜8月
  4. 台風季:9月〜11月

乾季(12月〜2月):ベストシーズン

気温が穏やかで降水量も少なく、過ごすのに一番適した期間です。

セブ島に遊びに来るならこの時期を狙うと、綺麗な海を持つ自然豊かなセブ島の魅力を存分に感じることができるでしょう。

夏季(3月〜5月):年間で一番暑い真夏の期間

年間を通して一番雨量が少なく、強い紫外線が降り注ぐ季節です。湿気のない乾いた暑さなので、日陰で風があるところであれば意外と暑さは軽減します。

日中の一番暑い時間を避けて生活すれば、雨がなく過ごしやすいでしょう。

ただ、昼間に外出する際は日焼け止めを使用するなど細心の日焼け対策を行うことをおすすめします。

雨季(6月〜8月):スコールなど大雨が多い期間

日本の梅雨のような弱い長雨ではなく、1時間程度で止むスコールが多い季節で、雨が降った後は肌寒く感じるほど気温も下がります。朝晴れていても信用せず、カッパを持ち歩いておくと安心です。

台風季(9月〜11月):雨が多く台風も来る期間

日本と同じく、この時期はフィリピンでも台風シーズンです。しかし、マニラには台風が直撃することがあっても、セブ島では珍しいです。また、雨期も続くのでスコールには注意してください。

セブ島の年間気温

セブ島の年間気温(最高気温・最低気温)をまとめました。

最高気温 (℃)最低気温 (℃)
1月30.122.9
2月30.422.7
3月31.322.8
4月32.423.6
5月32.724.1
6月32.123.6
7月31.623.4
8月31.623.3
9月31.623.2
10月31.423.3
11月31.223.5
12月30.723.5

セブ島の年間降水量

セブ島の年間降水量をまとめました。

降水量 (mm)
1月121
2月71
3月81
4月60
5月108
6月137
7月176
8月136
9月141
10月195
11月200
12月153

セブ島のベストシーズンにおすすめのアクティビティ

セブ島の乾季は一般的に12月から5月までで、比較的安定した天気と晴れた日が多いのが特徴です。乾季に訪れることで以下のアクティビティをより楽しむことが可能です。

  • アイランドホッピング
  • ジンベイザメとのシュノーケリング
  • マリンスポーツ
  • ボホール島観光

アイランドホッピング

セブ島の乾季は海が穏やかで、船での移動が容易になるためアイランドホッピングに最適な時期です。さらに、天候が安定しているため予定が台風などで中止になる可能性が低いです。

ジンベイザメとのシュノーケリング

晴れた日が多く、海中の透明度が高いセブ島の乾季には、シュノーケリングで海の中をはっきりと見ることができます。

オスロブでジンベイザメとシュノーケリングをする際には、特に水中の視界の良さは大切ですよね。

マリンスポーツ

ジェットスキーパラセーリングバナナボートシーウォーカーなど、海上や海中で行うスポーツはセブ島の乾季の安定した天候と平穏な海だとより楽しめます。

最高の天気でマリンスポーツを楽しんでください。

ボホール島観光

乾季のボホール島は道路状況が良好で、移動が容易になります。

ボホール島はチョコレートヒルズターシャ観察など、アウトドアの観光スポットが多いため、晴れた日に訪れることで景色を最大限に楽しむことができます。

ボホール島に宿泊の方は「ボホール島現地発ツアー(ボホール島宿泊者向け)」のページをチェックしてみましょう。

雨季でも十分楽しめるのがセブ島

セブ島の雨季は一般的に6月から11月までで、この期間中は頻繁に雨が降ります。

しかし、全日降り続けるというわけではなく、通常は一日のうち数時間雨が降るパターンが多いので、タイミングを見計らってアクティビティを楽しみましょう。

セブ島の各シーズン・気候に合った服装

夏季(3月〜5月)

日本のように湿気が高く蒸し暑くはありませんが、ひたすら暑いこの時期は半袖短パンで十分です。生地も薄く汗が乾きやすいものを選ぶと、日中に外出しても快適に過ごせます。

雨季(6月〜8月)

雨が多いこの時期は気温が下がりやすく、半袖短パンでは寒いと感じることがあるでしょう。

薄手の防水の上着を一枚持っていると、肌寒い時に羽織れるのに加え、突然の雨の際にも安心です。また、スニーカーの他にサンダルを用意しておくといいと思います。

台風季(9月〜11月)

引き続き雨が多いこの時期は、雨期と同じような格好が望ましいです。中にはこの時期にニットの服を着るフィリピン女性もいます。

確かにこの時期にしか楽しめないファッションではありますが、セブ島で初めてニットを着た女性を見たときは少し驚きました。

乾季(12月〜2月)

気温が落ち着き過ごしやすいです。夏期同様の格好が好ましいです。

セブ島の気温・気候にあわせた服装の注意点

セブ旅行

日差しに注意

1年中暑いセブでは、基本的に上下半そでの身軽な服装で快適に過ごせます。

しかし、忘れてはいけないのが強烈な日差しです。赤道に近いため、紫外線の強さは日本の真夏以上。対策しなければ身体に不調をきたすこともあります。

外にいる時間が長いのであれば、

  • 帽子
  • サングラス
  • ラッシュガード
  • 日焼け止め

といった日よけグッズは必須

特にビーチでは真っ白な砂に反射する光もまぶしいので、目を守るものが必要です。

場合によっては、長そでの衣類で肌を隠すことも考えておくといいでしょう。

ローカルの女性を見ても、意外と長そでを着ている人が多いことに驚きます。気温が高いため、薄手のものや通気性の良いものがおすすめです。

エアコンに注意

意外と盲点なのが冷房です。

外は常夏ですが、屋内ではキンキンに冷えるほどエアコンが作動しています。

これはお店やホテルだけでなく、バスやタクシーなどの交通機関も同様。夏の服装のままで室内に長時間いると、多くの日本人は寒いと感じるほどです。

せっかくの旅行中にかぜをひくなんて絶対に避けたいですよね。エアコン対策として、さっと脱ぎ着できる羽織ものを用意しておくと安心

セブで持ち歩くかばんの中でかさばらない、薄手のカーディガンやショールなどがおすすめです。

スコールに注意

セブは雨季であっても日本のように雨が降り続くことはなく、短時間に激しい雨が降るスコールが発生します。

まさに「バケツの水をひっくり返したような」という表現がぴったりの勢いで降るため、傘もあまり役立ちません。

スコールが1時間以上続くことはまれなので、すぐに屋内に逃げ込めばやり過ごせます。

それでも、外で見舞われたときに全身びしょぬれになってしまうのは仕方ありません。

衣類は乾きやすい生地のものを選ぶ、フェイスタオルを持ち歩くなどの工夫をしましょう。

乾季でも全くスコールがないわけではありませんが、回数は少なく、雨がやむとすぐに晴れることが多いです。

歩きやすい履き物で

持ち物

ビーチリゾートのセブの足元は、ビーチサンダルが一番快適です。

砂で汚れてもすぐに洗えますし、乾くのも速いので重宝します。街中をビーチサンダルで歩いている人も多いです。

ただし、現地ツアーで参加できるアクティビティの中には長距離を歩くものもあります。

観光地として人気のカワサン滝にはトレッキングスポットもあり、サンダルで歩くのが危険な場所が含まれます。

このようなアクティビティに参加する予定がなくても、長時間サンダルで過ごすと靴ずれを起こすことも。念のため履きなれたスニーカーも持参すると安心です。

セブ島の場面に合った服装

ビーチ

ビーチでの日差しは強く、紫外線対策を万全に行う必要があります。ビーチでのファッションは、シンプルで機能的なものがおすすめです。

  • Tシャツ
  • ショートパンツ
  • サンダル

などが適しています。日差しが強いのでラッシュガードなどがあると便利です。

クラブ

セブ島のクラブには、ドレスコードがあります。男性はカジュアルなスラックスやドレスパンツに、シャツやポロシャツなどを合わせたスマートカジュアル、もしくはジャケットとネクタイが必要な場合もあります。

女性はドレスやスカート、ブラウスなどのエレガントなスタイルが好まれます。

ただし、軽装で入場を許可しているクラブもありますので、事前に公式ウェブサイトや電話などで確認することをおすすめします。

また、クラブでの飲酒には十分に注意し、飲みすぎには気をつけましょう。

レストラン

セブ島のレストランでは、比較的カジュアルな服装での入店が可能です。ただし、特に高級レストランでは、ドレスコードが設けられていることもありますので、事前に確認することが大切です。

一般的には、Tシャツやショートパンツなどのビーチウェアは避け、ジーンズやカジュアルパンツにシャツやブラウスなどを合わせたカジュアルスマートなスタイルが好まれます。

教会に行くときは注意

ほとんど唯一、服装に注意が必要なのは教会です。

たとえば観光地にもなっているシマラ教会は、華麗な建築が美しく日本からも訪れる人が多い場所。

ここは露出の多いタンクトップ、ハーフパンツ、ビーチサンダルなどでは入場できません

ダメージデニムなど、極端にカジュアルな服装でも入場を断られるため注意しましょう。

セブ島の服装の注意点

持ち物

華美な服装は控えて

セブでは高級リゾートホテルやカジノでもドレスコードがないため、常にラフな服装で過ごせます。

開発途上地域のため路上生活者やストリート・チルドレンが多いです。

むしろ高級品を身に着けていると危険な目に遭う可能性もあります。

日本人はお金を持っているというイメージも根強く、ブランド品などを持ち歩くことは控えたほうが無難です。

同様に、女性があまりに露出度の高い服装で出歩くことも危険を伴います。海外であるということを意識し、清潔感のあるコーディネートを心がけましょう。

衣類編

基本となるのは半そでのシャツやTシャツ、ハーフパンツ。タンクトップでもいいでしょう。デニム素材のものは濡れると乾きづらいので要注意です。

日差しやエアコン対策として、薄手のカーディガンやショールなどの上着もあると便利です。

その他、各自の行程に合わせて必要なものを追加してください。教会に行くならフルレングスのパンツも必要……といった具合です。

ドレスコードがないとはいえ、高級レストランでの食事では少しシックに決めると気分も高まりますよ。

小物編

日差し対策としてサングラスと帽子は必須です。

マリン・アクティビティを楽しむ人は長袖のラッシュガードがあると便利。ビーチで遊ぶ場合にそなえて、タオルも何枚か持っていきたいですね。

足元は町歩きにもビーチにも対応できるよう、歩きやすいスニーカーとビーチサンダルの両方を持参するのがおすすめ。

乾きやすい生地や水をはじきやすいものを選ぶといいでしょう。

乾季以外のおすすめセブ島訪問シーズン

上述したように、一般的には12月から2月の乾季が過ごしやすいです。しかし、雨期でも一日中雨が降っていていることはありません。

一日の中でスコールがあることは乾季でも珍しくなく、雨期もスコールを除けば他の時間は晴れているか曇っていることが多いというだけなので、雨期でも屋外のアクティビティは楽しめます。

セブ島のシーズン別の注意点

夏季(3月〜5月)

非常に日差しが強いため、日焼けに注意が必要です。セブ島では、日本では販売していないようなSPF100やSPF130などの非常に強い日焼け止めがあるほどです。

日本から持ってきた日焼け止めを朝塗っただけで一日過ごしてしまうと、火傷のように水ぶくれになってしまうこともあります。屋外に出る際はこまめに日焼け止めを塗り直す、紫外線を浴びないよう長袖の服を着用するなどを心がけましょう。

雨季(6月〜8月)・台風季(9月〜11月)

一日に何度もスコールが降るため、洗濯物を外に干すと危険な時期でもあります。他に、雨期ならではの特徴を挙げてみます。

  • 野外のアクティビティが中止になることがある
  • 海の水位が上がる
  • 汚染物など海中に沈んでいたものが水面に浮遊していることがある
  • 海が濁っていてシュノーケリングやダイビングで景色が綺麗に見えにくいことがある

セブ島の年間を通してのポイント

セブ島でも日本の夏同様、ショッピングモールやタクシーの中など、エアコンが効きすぎている場所が多いです。

屋外は何もしなくても汗をかくほど暑く、逆にエアコンが効きすぎた屋内は上着を着ても寒いこともあるので、寒暖差により体調を崩しやすくなります。旅行中、元気に過ごすためにも、服装での体温調節を心がけてください。

また自動車やバイクの走行量が多いため、大きな道路の近くでは空気がかなり悪いところがあります。気になる方はマスクやハンカチを持っておくと安心です。

セブ島で年間を通して持っておくと便利なもの

  • 折り畳み傘
  • サングラス
  • 薄手の長袖
  • マスク、ハンカチ
  • 虫除けスプレー
  • スマホ防水ケース
  • トイレットペーパー

折り畳み傘

セブ島は熱帯気候で、一年を通じて雨が降る可能性があります。

特に、雨季(6月から12月)には頻繁に雨が降るため、折り畳み傘を持ち歩くことは非常に便利です。また、日差しが強い日には日傘としても利用可能です。

サングラス

セブ島は日差しが強いため、目を保護するためにサングラスが便利です。ビーチやプールで過ごす時間が多い人にとっては特に重要です。

薄手の長袖

セブ島の日差しは強く、日焼けを防ぐためには薄手の長袖が便利です。また、冷房が効いている場所に長時間いる場合には、長袖があると寒さを防げます。

虫除けスプレー

セブ島は熱帯地域なので、蚊が多く見られます。これらの虫から身を守るために、虫除けスプレーは必需品と言えるでしょう。

スマホ防水ケース

ビーチやプールで過ごすことが多い人、または雨季にセブ島を訪れる人にとって、スマホ防水ケースは非常に便利です。スマホを水から守るだけでなく、砂や埃からも守ることができます。

トイレットペーパー

セブ島の一部の公共トイレでは、トイレットペーパーが提供されていないことがあります。そのため、個人的に持っていると便利です。

これらのアイテムはすべてセブ島でも購入可能なので、万が一忘れてしまった場合でも心配する必要はありません。

まとめ

セブ島では1月に、セブ島で一番大きな”シノログ”というお祭りがあります。また、時期によってはマリンアクティビティ以外にも楽しめるイベントがあるので是非チェックして見てください。

また、ジンベイザメで有名なオスロブでは、環境保護の観点から日焼け止めや化粧、ピヤスを付けて海に入ることが禁止されています。自然豊かなセブ島だからこそ、このような日本では珍しいルールもあります。

ですがキレイな海を維持するために、また大自然の観光地が汚染により規制させてしまうようなことがないように少し配慮出来るとさらに気持ちよく過ごせるのではないでしょうか。季節やイベントをチェックして予定を立て、快適な服装を準備しましょう!

おすすめセブ島オプショナルツアーランキング

セブ島でアクティビティをしたい!そう思っても、どれを選んだらハズれないのか心配ですよね。今回は、たくさんの方に選ばれているオプショナルツアーを3つに絞ってご紹介します。

ぜひセブ島観光の参考にしてみてくださいね!

ランキング1位
【ジンベイザメツアー】スミロン島アイランドホッピング!遭遇率99.8%でジンベイザメと泳げる/絶景&超接近シュノーケリング
評価
ポイント大迫力のジンベイザメとシュノーケリングできる
ポイント透明度抜群のスミロン島へアイランドホッピング

ツアー詳細を見るツアーを探す

ランキング2位
【ボホール島ツアー日帰り】ターシャ&チョコレートヒルズの大展望スポット/バギー&ジップバイク体験可/生演奏リバークルーズランチ付
評価
ポイントまるでチョコレートに見えるチョコレートヒルズ
ポイント世界最小の可愛いメガネザルターシャに会える
ポイントジャングルリバークルーズをしながら美味しいランチ

ツアー詳細を見るツアーを探す

ランキング3位
【ナルスアン島ツアー】アイランドホッピング2島巡り!上陸&ヒルトゥガン島の海洋保護区シュノーケリング
評価
ポイント島よりも長い桟橋がインスタ映えするナルスアン島
ポイントたくさんの熱帯魚と泳げる最高のシュノーケリングスポット
ポイント海上レストランでのランチが美味しい!

ツアー詳細を見るツアーを探す

ABOUT ME
セブイクマガジン編集部
セブ島在住歴3年のディレクターとフィリピン在住歴20年以上のセブ島を知り尽くした日本人が執筆及び監修をしています。インストラクター資格を保有。
RELATED POST
お役立ち

家族でセブ島旅行を楽しむには?子連れでも楽しめる方法や人気のオプショナルツアーを解説

2021-10-07
セブイクマガジン|セブ島観光
ゴールデンウイークや季節ごとの長期休暇、年末年始は家族皆で旅行に出かけるチャンス。 思い切って海外旅行を計画している人もいるでしょう。 …