観光スポット

パンダノン島は天国に一番近い島!楽しみ方や行き方、ツアーの参加方法も解説

この記事はこんな方におすすめ
  • パンダノン島の楽しみ方を知りたい方
  • 楽しそうなオプショナルツアーもついでに知りたい方

セブ島近海の離島であるパンダノン島。「天国に一番近い島」とも呼ばれている通り、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海がとても美しく、多くの観光客をとりこにしています。

そんなパンダノン島に行くには、セブ島で人気のアクティビティ・アイランドホッピングのツアーを利用するのがおすすめ。

この記事ではパンダノン島の楽しみ方や行き方、ツアーの流れ、料金の目安、ベストシーズン、注意点などを徹底的に紹介します!

1フィリピンペソ(PHP)=約2.1円

\おすすめのセブ島オプショナルツアー/

  • セブイク(セブ島で人気のオプショナルツアーを見る)

セブイクでは高い満足度を誇るオプショナルツアーを多数掲載しております。いろんなオプショナルツアーがあるため、どれを選べばいいのか迷いますよね。

セブイクではセブ島在住のコンシェルジュが最適なプランを無料でお伝えしています。

利用無料で面倒な登録ナシ!LINEでサクッと質問できちゃいます。

 

パンダノン島の基本情報

まずは簡単にパンダノン島の概要についてご紹介します。

概要

パンダノン島はセブ島とボホール島の間にあるとても小さな島です。人口は数百人程度で、主に漁業と観光業に従事しています。島の特徴として、美しい白い砂浜と透明な青い海です。

セブから行ける日帰りのアイランドホッピングに最適なスポットです。また、島には日帰り用のバンガローがあり、バーベキューやビーチバレーなども楽しめます。

パンダノン島へ行く方法

パンダノン島は、セブ島と道つながりのマクタン島ボホール島のだいたい中間くらいの場所にあります。セブ島やマクタン島からが最短距離です。マクタン島からは船に乗って1時間ほどで着きます。

パンダノン島へ行く方法は、ツアーに参加するのと自力で行く2通りがあります。しかし、自力で行くのはかなり大変で「セブ島上級者向け」とも言えます。

ビギナーはできればツアーを利用するのがおすすめですよ。

おすすめはツアーを利用する方法

パンダノン島へ行くには、アイランドホッピングのツアーを利用するのが一般的です。ツアーは旅行会社やオプショナルツアーサイトを通して申し込むといいでしょう。

ツアーで行く最大のメリットは、利便性の高さ。ホテルからパンダノン島への送迎サービス、入島料の支払いなど、ツアー会社が面倒な手続きを行ってくれるので安心です。

自力で行くには

もし料金を抑えたいのであれば、パンダノン島まで自分で行くこともできます。ただし行き方はやや複雑なので、英語が堪能な人やセブ島滞在歴が長い人でないと難しいかもしれません。

自分でパンダノン島へ行く場合はまずマクタン島の港に向かい、船に乗る必要があります。詳しい方法は記事の後半で紹介するので、そちらをチェックしてみてください。

天国に一番近い島「パンダノン島」の魅力

ビーチがとにかく美しい

パンダノン島はセブ島では天国に近い島と呼ばれる観光スポットです。その魅力と言えば、ビーチがとにかく美しいことに尽きます!

ラグーンは透き通ったエメラルドグリーン。魚が泳いでいる姿が上から見られるほどの高い透明度です。砂浜には真っ白でサラサラな砂が広がり、エメラルドグリーンの海とのコントラストが抜群にきれいです。

写真を何枚も撮りたくなってしまうほどの景色が見られますよ!

手つかずの自然が残る島

パンダノン島は、豊かな自然が残る島としても知られています。ほとんど開発されていないパンダノン島は、施設や設備が十分に整っているわけではありません。

だからこそ手つかずの自然を楽しむことができる、ありのままの姿が魅力です。開発されていないとはいえ、コテージやトイレなどの設備はあるので安心して観光を楽しめます。

パンダノン島のベストシーズン

12~5月の乾季がおすすめ

パンダノン島へのアイランドホッピングツアーは、どこのツアー会社でも一年中開催されています。セブ島は一年を通して温暖な気候なので、アイランドホッピングができないシーズンはありません。

年中楽しめるパンダノン島ですが、せっかく行くのであれば12~5月の乾季がおすすめ。パンダノン島の美しい景色を存分に堪能するには乾季がもっともいいでしょう!

セブ島のベストシーズンはいつ?季節(乾季・雨季)や気候、服装を解説!一年中、青く美しい海でマリンアクティビティを楽しむことができるフィリピン・セブ島。 季節は「夏」だけのイメージですが、最高気温、日...

雨季(6~11月)でも楽しめる

6~11月は雨季のためスコールのような大雨が降ることもあります。しばしば雨が降りますが、通常は一日中雨が降るわけではありません。

雨が止んだときには、普通にアクティビティを楽しむことができます。また、雨季は観光客が少ないため、より静かで落ち着いた時間を過ごすことができます。

パンダノン島の楽しみ方

ビーチでまったり

リゾートでの究極の贅沢、それは何もせずにビーチでのんびりまったりすること。

白い砂浜とエメラルドグリーンの海を眺めながらゆっくり過ごすのは、この上ない至福の時間です。せわしない日常から逃れパンダノン島でのんびりしていると、ふだんの疲れやストレスが吹き飛んでしまいますよ。

ビーチサイドでうとうとしたり、海辺で本を読んだりするのもよさそう。

写真を撮る

セブ島の観光ポスターには、パンダノン島の写真がよく使われています。数々のきれいな離島を有するセブ島の中でも、パンダノン島ではそれだけ美しい景色が見られるということです。

あちこちですてきな写真を撮ることができるパンダノン島は、島がまるごとフォトスポットのような存在。天気がよければ、まるでセブ島の観光ポスターのような一枚が撮れるかも?絶好のインスタ映えスポットです。

シュノーケリング

定番の楽しみ方と言えば、シュノーケリング。透明度の高いエメラルドグリーンの海では、南国らしいカラフルな魚をたくさん見ることができます。パンダノン島の海は浅瀬が多いので、シュノーケリング初心者や子どもでも泳ぎやすいですよ。

道具などの用意がいらないシュノーケリングが含まれたツアーを申し込むのがもっとも手軽です。もしくはシュノーケルを持参するのもアリですね。

セブ島のシュノーケリングおすすめ絶景スポット7選を解説セブ島は、シュノーケリングの楽園として知られ、豊かな海と美しい珊瑚礁が目の前に広がります。 セブ島は、年間を通じて温暖な気候が続き...

スキューバダイビング

ダイビング

パンダノン島ではダイビングも楽しめます。遠浅ビーチのためボートエントリーになります。ダイビングの経験がない人でも、初心者向けの体験ダイビングも用意されています。

バーベキュー

バーベキュー

アイランドホッピングの妙味は、ランチのバーベキュー。ランチバーベキューがセットになったツアーも多いので、たくさん泳いでおなかがすいたら存分に楽しみましょう!

バーベキューのメニューは、鶏肉や豚肉、ソーセージなど。パンダノン島のきれいなビーチで食べるバーベキューは最高ですよ。

また、パンダノン島にはウニやカキ、シャコなどの海鮮を売る人もいます。

海に囲まれた土地ならではの新鮮な海鮮を食べるのも、旅行のいい思い出となりそう。ウニやカキなどの海鮮は日本では高級ですが、パンダノン島では安く買えるので見かけたらぜひチャレンジしてみてください。

ビーチバレー

島にはビーチバレーができる場所もあります。コートの利用は有料ですが、サラサラの白い砂浜の上で行うビーチバレーは、パンダノン島ならではの経験となるでしょう!

実際にパンダノン島を訪れた人からは、「ビーチバレーをしている欧米人の観光客に誘われて一緒に遊んだ」「上手なフィリピン人のローカルと対戦できた」という声も聞かれます。

パンダノン島の施設

パンダノン島が美しいと言われる理由は、自然がそのまま残っているからです。観光客向けの施設はコテージとトイレだけのシンプルなものです。だからこそ、一度は訪れる価値があります。

コテージ

パンダノン島ではコテージを借りて、BBQやシーフードのランチ、ドライマンゴー楽しむことができます。

ビーチで遊んだり疲れたときは、コテージでのんびりすれば南国の気分を楽しめます。

トイレ

パンダノン島にも公共トイレがあります。しかしトイレットペーパーがないので、必ずポケットティッシュなどを持参しましょう。

フィリピンのトイレはトイレットペーパーを流せません。横にあるごみ箱に捨てましょう。トイレの横や外にある水が入ったバケツからおけで水をすくって流します。

パンダノン島ツアーの流れ

パンダノン島へのアイランドホッピングツアーにはいくつかのプランがありますが、ここでは、「パンダノン島インスタ映えアイランドホッピングツアー」を一例にご紹介します。

  • STEP1
    午前7時ごろ:セブ市内から出発
    • セブ市内のホテルは朝7時ごろ出発。
    • マクタン島のホテルは朝7時30分ごろ出発

    アイランドホッピングツアーで宿泊先のホテル送迎も可能です。

    セブ市内からマクタン島の港までの所要時間は1時間くらい。車に揺られているだけで港に着くのでとても便利ですね。

  • STEP2
    午前7時50分ごろ:マクタン島から乗船

    マクタン島の港に着いたら、パンダノン島行きのバンカーボートに乗ります。パンダノン島に向かうまでに、シュノーケリングや体験ダイビングなどのアクティビティができるツアーもあります。

    パンダノン島へ到着するまでに約50分〜1時間くらいです。船酔いをしやすい人は、事前に酔い止めを飲んでおきましょう。

  • STEP3
    午前8時50分ごろ:パンダノン島に到着&フリータイム
    パンダノン島の白い砂浜と透明な海は、訪れる者を魅了します。ここでは、砂浜を散歩したり、潮風を感じながらリラックスしたりと、穏やかな時間を過ごせます。
  • STEP4
    午前10時00分ごろ:ナルスアン島へ移動へ出発

    ナルスアン島への移動中の船旅は、次なる島への期待を高めます。海上からの眺めは、陸上では味わえない特別なものです。

  • STEP5
    午前10時30分ごろ:ナルスアン島到着&フリータイム
    ナルスアン島は、その自然の美しさで知られています。島探索や、シュノーケリングなど、自分だけの時間を過ごすのに最適です。
  • STEP6
    午前11時00分ごろ:シュノーケリング
    水中の世界は別世界。カラフルな魚やサンゴの美しさは、シュノーケリングを通じてより身近に感じられます。
  • STEP7
    午前11時30分ごろ:ランチ
    ブッフェスタイルのフィリピン料理は、とても美味しくいただけます。海を見ながら食事をする体験は、非常に特別なものです。
  • STEP8
    午後12時30分ごろ:ヒルトゥガン島の海洋保護区

    ヒルトゥガン島ではシュノーケリングなどのアクティビティを体験します。珊瑚礁やカラフルな熱帯魚を観察でき、贅沢な時間を過ごせます。

    シュノーケリングの他には、体験ダイビングやパラセーリングなどにもチャレンジできますよ。セブ島のきれいな海を存分に楽しみましょう!

  • STEP8
    午後1時30分ごろ:港に到着

    港に着くのは午後1時30分ごろ。観光を楽しんだり、屋台村に行ったり、夜もセブ島を思う存分満喫したいですね!

パンダノン島ツアー料金の目安

フィリピンペソ

料金

パンダノン島でのアイランドホッピングツアーの料金は、ツアー会社によってまちまち。アクティビティの内容や、他に寄る島の数によって変わってきます。

目安は、

  • シュノーケリングのプランで12,000~17,000円程度
  • 体験ダイビングのプランで16,000~25,000円程度
  • パラセーリングのプランで16,000~25,000円程度

です。

含まれているもの

一般的にこれらの金額には、宿泊先からの往復送迎、ランチバーベキュー、アクティビティなどの料金が含まれています。

パンダノン島の他にナルスアン島ヒルトゥガン島に寄れるプランもあるので、希望に応じて決めることができますよ。

パンダノン島ツアーの人気のマリンスポーツ

パンダノン島ツアーではマリンスポーツも人気です!その中でも特に人気の4つをご紹介します。

セブ島でおすすめのマリンスポーツ10選!おすすめスポットや予算をご紹介フィリピンを代表するリゾート・セブに来たら、ぜひ体験したいのがマリンスポーツです。 常夏の島セブは1年を通してマリンスポーツに適し...

パラセーリング

空と海が交錯する絶景を楽しめるパラセーリングは、パンダノン島ツアーを体験する方々には外せないアクティビティです。

風を感じながら空を飛ぶ感覚は、まさに自由そのもの。青く広がる海と、地平線に浮かぶ絵画のような島々を上空から眺めるこの景色は、最高の思い出になります。

バナナボート

パンダノン島ツアーで友達や家族と一緒にバナナボートに乗って、ワイワイ楽しむのはいかがですか?

波を越えながら進む興奮と笑顔が溢れる時間は、最高の瞬間です。心地よい波しぶきを浴びながらの爽快な滑走を一緒に体験してみましょう。

セブ島のバナナボートで遊ぶには?楽しむコツと注意点、おすすめツアーも解説セブ島で人気の高いマリンアクティビティの一つがバナナボートです。セブ島やその周辺の島々で、バナナボートを見ない日はないといってもいいかも...

ジェットスキー

ジェットスキー

スピード感溢れるジェットスキーは、特に男性におすすめです。パンダノン島周辺の美しい海域を自由に探索しながら、水上バイクの爽快な風を感じましょう。

初心者でも安心して楽しめるよう、インストラクターが基本的な運転方法や安全対策を教えてくれます。

シーウォーク

海の底を歩くシーウォークは、まるで異世界へ足を踏み入れるような体験です。鮮やかなサンゴ礁や色とりどりの魚たちが、あなたを心地よく迎えてくれるでしょう。

水面下の静寂と神秘的な世界を体験しながら、パンダノン島ツアーで海の美しさと奥深さを発見できます。

パンダノン島への持ち物

パンダノン

パンダノン島ツアーに参加する際には、水着やタオル、日焼け止めなどを持参しましょう。また、外でのアクティビティなので、万全の体調管理も重要です。

  • 水着
  • 帽子
  • 防水カメラ
  • 防水バッグ
  • タオル
  • 日焼け止め
  • サングラス
  • 飲み物
  • ラッシュガード

パンダノン島はセブ島からアクセスしやすく、美しいビーチやシュノーケリングスポットが豊富な魅力的な離島です。

適切な予約や準備を行い、思い出に残るアイランドホッピングを楽しみましょう。

パンダノン島を訪れる際の注意点

パンダノン島

パンダノン島は飲食物の持ち込み禁止

パンダノン島では飲食物の持ち込みは禁止されています。美しい景観や豊かな自然を守るためにも、観光客はこの決まりをしっかり守らなくてはいけません。

パンダノン島にはバーベキューができるコテージがあり、ジュースやお酒も販売されています。飲食物を持ち込まなくても、現地で調達できるので心配ないでしょう。

トイレットペーパーは持参しよう

パンダノン島で気をつけたいのが、トイレにトイレットペーパーが設置されていないという点。トイレに入ってから焦らないよう、トイレットペーパーもしくは流してもいい水溶性ティッシュを持参するといいですよ。

トイレットペーパーは持ち歩くとかさばるので、数回分だけ切り取ってポーチなどに入れておくのがおすすめ。

日焼け対策は忘れずに

セブ島の日差しは日本よりもかなり強く、ヒリヒリと照りつけてきます。

海で遊んでいるとすぐに日焼けしてしまうので、日焼け止めを塗る、ラッシュガードを羽織るなどして対策しましょう。帽子やサングラスなどの日除けアイテムも忘れずに!

もしパンダノン島に自力で行くには

ヒルトン・ポートから船に乗る

ツアーを使わずパンダノン島に自分で計画して行くのなら、まずはマクタン島の港を目指しましょう。マクタン島のモーベンピックホテルの隣にある「ヒルトン・ポート」という港から出発します。

船はボート会社で予約しておくとスムーズですが、予約していない場合は船長に直接交渉しましょう。料金は船の規模や行き先にもよりますが、10人乗りの船でパンダノン島に行くなら、6,000~9,000PHP(約12,000~20,000円)程度が相場です。

上手に節約できるよう計画を

パンダノン島に自力で行くメリットは、料金を抑えられること。デメリットは船の手配や入島の手続き、移動などをすべて自分で行わなければならず、手間がかかることです。

セブ市内のホテルからマクタン島のヒルトン・ポートに移動するだけでもお金がかかります。面倒な人はできればホテルからの送迎サービスがついているツアーを利用するのがベストでしょう。

パンダノン島を訪れた方の感想

日本人観光客/20代/女性

私は友達とパンダノン島を訪れました。我々が行ったとき、海は透き通っていて、海岸線のビーチは白くて美しかったです。

島は落ち着いていて、大勢の観光客に囲まれることなく、たくさん素敵な写真が撮れました。ぜひまた訪れたいと思います!

日本人観光客/30代/女性

パンダノン島は本当に楽園のような場所でした。

水の透明度がとても高く、ビーチは美しかったです。遠浅で子供がシュノーケリングを楽しむことができました。島は静かで、リラックスしたい方には完璧な場所だと思います。

特に日焼け止めと飲み物は必須です!

パンダノン島周辺の他の観光スポット

パンダノン島の近くには、他にもヒルトゥガン島やナルスアン島といった美しい離島があります。これらの島々を巡るアイランドホッピングツアーも、セブ島での旅行を充実させる方法です。

セブ島のアイランドホッピングで行ける島々について詳しく知りたい方は「セブ島のアイランドホッピングを徹底解説」をあわせてチェックしましょう。

以下では2つの島をピックアップして紹介します。

あわせて行きたいスポット

ヒルトゥガン島

パンダノン島とあわせて行きたい島が人気のヒルトゥガン島です。透明度の高い海とカラフルなサンゴが魅力的なシュノーケリングスポットです。

マクタンからボートでわずか30分の距離にあり、手軽に訪れることができます。

ヒルトゥガン島は、ナルスアン島やパンダノン島などのアイランドホッピングスポットと組み合わせることで、より充実したセブ島旅行を楽しむことができます。

ヒルトゥガン島
セブのヒルトゥガン島を徹底解説!ツアーや行き方、楽しみ方は? セブ島では、近隣の離島をめぐるアイランドホッピングが大人気。 そのなかでもとくに高い人気を誇るのが、海洋保護区に指定された...

ナルスアン島

ナルスアン島は、セブ島からボートで約30-40分の距離にある美しい島で、パンダノン島とあわせて行きたい人気スポットです。

島内には、BBQランチが提供されるレストランもあり、美味しい料理を堪能できます。写真撮影やシュノーケリングを楽しみながら、フィリピンの美しい自然を満喫できるリラックスした時間を楽しみましょう。

シュノーケリングスポット

透明度が高くエメラルドグリーンの海に囲まれ、熱帯魚が泳ぐ遠浅のビーチが魅力。シュノーケリングや海洋保護区での観光が楽しめます。

まとめ~パンダノン島は行く価値のある絶景~

「天国に一番近い島」と呼ばれるパンダノン島は、セブ島を訪れたらぜひ行ってみたい場所です。

セブ市内からパンダノン島に行くツアーはほぼ1日かかりますが、きれいな海で泳げたり、おいしいバーベキューを楽しめたりと、時間をかけて行く価値は十分にあります。

パンダノン島でシュノーケリングをするのか、ビーチバレーで遊ぶのか、それとものんびりくつろぐのかは自由。あなたらしい楽しみ方で、パンダノン島を目いっぱい満喫してきてくださいね!

\セブ島観光のご相談はこちら/

セブイクでは高い満足度を誇るオプショナルツアーを多数掲載しております。いろんなオプショナルツアーがあるため、どれを選べばいいのか迷いますよね。

セブイクではセブ島在住のコンシェルジュが最適なプランを無料でお伝えしています。

利用無料で面倒な登録ナシ!LINEでサクッと質問できちゃいます。

 

おすすめセブ島オプショナルツアーランキング

セブ島でアクティビティをしたい!そう思っても、どれを選んだらハズれないのか心配ですよね。今回は、たくさんの方に選ばれているオプショナルツアーを3つに絞ってご紹介します。

ぜひセブ島観光の参考にしてみてくださいね!

ランキング1位
【ジンベイザメツアー】スミロン島アイランドホッピング!遭遇率99.8%でジンベイザメと泳げる/絶景&超接近シュノーケリング
評価
ポイント大迫力のジンベイザメとシュノーケリングできる
ポイント透明度抜群のスミロン島へアイランドホッピング

ツアー詳細を見るツアーを探す

ランキング2位
【ボホール島ツアー日帰り】ターシャ&チョコレートヒルズの大展望スポット/バギー&ジップバイク体験可/生演奏リバークルーズランチ付
評価
ポイントまるでチョコレートに見えるチョコレートヒルズ
ポイント世界最小の可愛いメガネザルターシャに会える
ポイントジャングルリバークルーズをしながら美味しいランチ

ツアー詳細を見るツアーを探す

ランキング3位
【ナルスアン島ツアー】アイランドホッピング2島巡り!上陸&ヒルトゥガン島の海洋保護区シュノーケリング
評価
ポイント島よりも長い桟橋がインスタ映えするナルスアン島
ポイントたくさんの熱帯魚と泳げる最高のシュノーケリングスポット
ポイント海上レストランでのランチが美味しい!

ツアー詳細を見るツアーを探す

ABOUT ME
セブイクマガジン編集部チーム
セブ島在住歴5年のディレクターとフィリピン在住歴20年以上のセブ島を知り尽くしたスペシャリストが執筆及び監修をしています。 国家資格である総合旅行業務取扱管理者資格保有者も在籍。 その他、プロダイバー資格、インストラクター資格、救命救急のEFRを保有。セブ島で最高の体験を提供するため、日々コンテンツを研究中。
RELATED POST
観光スポット

【2024年最新版】ボホール島観光スポット20選を完全解説!楽しみ方や行き方、ツアー、モデルコースも

2023-03-15
セブイクマガジン|セブ島観光
セブ島の南東に浮かぶボホール島には、森や丘など手つかずの大自然が広がります。さらにボホール島は、世界最小の霊長類「ターシャ」に会える …
観光スポット

モアルボアルでシュノーケリングを満喫!おすすめシュノーケリングスポットを完全解説

2023-03-15
セブイクマガジン|セブ島観光
モアルボアルはフィリピン、セブ島の南西部に位置しており、絶景のビーチと豊かな海洋生態系で知られています。 シュノーケリングはそのモアル …
観光スポット

【保存版】セブで人気のナルスアン島!楽しみ方や行き方、ツアーの参加方法も紹介!

2024-01-15
セブイクマガジン|セブ島観光
セブ島では周辺の離島に遊びに行く「アイランドホッピング」というアクティビティーがメジャーです。数々の島の中でも特に人気なのが、マクタ …