お役立ち

バクラヨン教会をカンタン解説!

フィリピンのボホール島にあるバクラヨン教会は、植民地時代の歴史と新古典主義建築が融合した壮麗な建物です。

この教会は、日本からの観光客にとっても一見の価値があります。バクラヨン教会の魅力や訪問時の注意点について紹介します。

ボホール島観光を考えている方は「ボホール島観光スポット20選を完全解説」をあわせてチェックしてみてください。

バクラヨン教会概要


バクラヨン教会の正式名称は「聖母マリアの無原罪の御宿り教区教会」です。1596年にイエズス会の司祭たちによって設立されました。

主に珊瑚石を使って建設されたこの教会は、1870年代にバロック様式の説教壇や見事な天井画が追加されました。2013年の地震で大きな被害を受けましたが、細心の注意を払って修復されました。

基本情報

  • 施設名:バクラヨン教会(Baclayon Church)
  • 住所 Baclayon,Tagbilaran East Road, Tagbilaran City, Bohol
  • 営業時間:午前8時~午後5時
  • 電話番号:(+63) 38 540 9176
  • アクセス:タグビララン空港から車で30分ほど

バクラヨン教会の見どころ

教会内部には、バロック様式の説教壇や美しい天井画があります。また、教会の裏側にある博物館には、金で縫い付けられた祭服や、水牛の皮で作られた賛美歌集、その他の宗教的遺物が展示されています。

これらの展示物は、バクラヨン教会の歴史をより深く理解するための貴重な資料です。

バクラヨン教会訪問の注意点

服装について

バクラヨン教会は宗教施設ですので、訪問する際には適切な服装を心がけてください。ノンスリーブやタンクトップ。短パンでは中に入れないことがあります。

羽織れるものやカーディガンなどがあると良いでしょう。

写真撮影について

教会内部では写真撮影が制限されている場合があります。事前に確認し、ルールを守ることが大切です。フラッシュなどは使わないようにしましょう。

写真を撮りたい場合はガイドなどが写真の取れる場所まで案内をしてくれます。

修復工事エリア

教会は現在も修復工事が進行中です。そのため、一部のエリアには立ち入ることができないことがあります。

ABOUT ME
セブイクマガジン編集部チーム
セブ島在住歴5年のディレクターとフィリピン在住歴20年以上のセブ島を知り尽くした日本人が執筆及び監修をしています。プロダイバー資格、インストラクター資格を保有。セブ島で最高の体験を提供するため、日々コンテンツを研究中。
RELATED POST
建物 お役立ち

セブ島のITパークって何?レストランからマーケットまで何でもあるすごい場所

2021-09-29
セブイクマガジン|セブ島観光
フィリピンは発展途上国のイメージが強いですが、セブ島の中心地であるセブシティは例外。あらゆる都市機能が集約され、外観は大都会そのものです。  …
お役立ち

家族でセブ島旅行を楽しむには?子連れでも楽しめる方法や人気のオプショナルツアーを解説

2021-10-07
セブイクマガジン|セブ島観光
ゴールデンウイークや季節ごとの長期休暇、年末年始は家族皆で旅行に出かけるチャンス。 思い切って海外旅行を計画している人もいるでしょう。 …
お役立ち

【2022年9月最新版】コロナ渦セブ島旅行!日本出国から帰国までの流れを徹底解説

2022-10-08
セブイクマガジン|セブ島観光
日本から直行便で4時間半の距離にあるフィリピン・セブ島。距離は変わっていないのに、ずいぶん遠い場所に感じている方もいるのではないでしょうか。 …