観光スポット

セブ島でジップライン体験できる場所は?おすすめのジップラインカフェ(Adventure Cafe and Zipline)も解説

海のイメージのセブ島ですが、自然豊かなセブ島は山のアクティビティもとても充実しています。セブ島にある山のスポットで有名な物だとセブ市内を一望でき、夜は夜景とともに美味しい料理が食べられる「トップス」エリアです。

そのトップスエリアをさらにさらに2時間ほど山奥に進むと、空気が綺麗で景色が絶景なジップラインも楽しめるカフェがあるんです!

この記事ではセブ島でジップラインが楽しめる場所と知る人ぞ知る秘境カフェ「アドベンチャーカフェ&ジップライン(Adventure Cafe and Zipline)」を紹介します。

\おすすめのセブ島オプショナルツアー/

  • セブイク(セブ島で人気のオプショナルツアーを見る)

セブイクでは高い満足度を誇るオプショナルツアーを多数掲載しております。いろんなオプショナルツアーがあるため、どれを選べばいいのか迷いますよね。

セブイクではセブ島在住のコンシェルジュが最適なプランを無料でお伝えしています。

利用無料で面倒な登録ナシ。LINEでサクッと質問できちゃいます♪

 

セブ島のジップライン概要

セブ島はフィリピンの中央部に位置する観光地で、多くのアクティビティやアトラクションがあります。ジップライン(ZIP LINE)はその中の一つで、アドベンチャー好きの人々にとても人気です。

ジップラインとは

ジップラインは、一方の高い場所から別の低い場所への間に張られたケーブルを利用して、特別なハーネスに固定され、高速で滑走するアクティビティです。

セブ島のような山がちな地域や自然豊かな場所では、このアクティビティは絶景を楽しみながらのスリルを味わえます。参加者は空中を滑る感覚を体験でき、しばしば森林や渓谷の上を滑走することができます。

セブ島のジップラインは、その自然の美しさと組み合わせて、忘れられない体験になるでしょう。

セブ島でジップライン体験ができる場所

Danasan Eco Adventure Park

セブ島の北部に位置するこの公園は、ジップラインの他にも多くのアドベンチャー活動が楽しめる場所です。ジップラインは公園内の2つの山の間をつないでいて、美しい景色を眺めながらの滑走が楽しめます。

パパキッズ

パパキッズは、セブ島のリロアン地区にあるリゾートおよびレクリエーションエリアです。

この場所は、セブシティからのアクセスも良く、さまざまなアウトドアアクティビティや水上アクティビティを楽しむことができます。

リゾートの美しい景色と組み合わせた全長800メートルのジップライン体験が楽しめます。

ダナオ・アドベンチャーパーク

「Danao Adventure Park」はフィリピンのボホール島にあるアドベンチャーパークです。

このパークでは、ジップラインだけではなく、バギー体験やロッククライミングなど多彩な体験をすることが可能です。ここのジップラインはスーパーマンスタイルでの滑空を楽しめます。

ボホール島ツアーとあわせて行くのがおすすめです。

おすすめオプショナルツアー

アドベンチャーカフェ&ジップライン

セブシティから少し西に行ったところに位置するこのカフェは、フィリピン初のアドベンチャーカフェとして知られています。

ジップラインの他にも、ロッククライミングやロープコースなどのアクティビティが楽しめます。

アドベンチャーカフェ&ジップラインの基本情報

  • 名称:アドベンチャーカフェ&ジップライン(Adventure Cafe and Zipline)
  • 住所:Cebu Transcentral Hwy, Balamban, 6041 Cebu
  • 電話番号:0909 182 4556
  • 営業時間:7:00〜19:00
  • 定休日:不定休
  • 平均予算:300ペソ
  • 席数:30席
  • タバコ:喫煙所にて喫煙可能
  • トイレ:あり
  • 駐車場:あり
  • 接客:普通
  • クレジットカード:使用不可
  • Facebook:https://www.facebook.com/adventurecafegaas/

アドベンチャーカフェ&ジップラインへの行き方

セブ島在住者向け:個人のバイクや車で行く

セブ島在住の車やバイク持ちの方にとって、ジップラインカフェまでの行き方は簡単です。トップスエリアお山奥にさらに進んでいきます。

JYスクエアモールからマルコポーロなどがある方向に曲がるとあとはほとんど一本道。道に迷うことは少ないと思いますが一本道の山道ではスピードの出し過ぎに夜転倒や対向車との衝突に注意が必要です。

上級者向け:アヤラモールからVハイヤー

ジップラインカフェのフェイスブックによると、アヤラモールから「BALAMBAN(バランバン)ASTURIAS(アストゥリアス)経由」のトランセントラルハイウェイルートで行くことができます。(運賃は片道120ペソ)

私はこの方法で行ったことがないので次はチャレンジしてみようと思いますが、観光でいらっしゃっている方は土地勘のないセブ島ですのであまりおすすめはできません。

セブ島のバスの乗り降りですが、バス停があってないようなもの時刻表があってないようなものなので、行くのは良いのですが帰って来れなくなるかもしれません。

観光者向け:車チャーターで行く

アドベンチャーカフェ&ジップラインへ行くプランのある旅行サイトは見たことがないので、車をチャーターして自分たちで行き先を決めるチャーターカーがおすすめ。

運転手付き/日本語ガイド付きのプランがあるところが、土地勘のないセブ島でも安心して観光を楽しめると思います。

セブ島をよく知る運転手やガイドなので、アドベンチャーカフェ&ジップラインだけでなく、トップスエリアの他の観光スポットも一緒に巡ると効率よくセブ島の滞在時間を使えます。

アドベンチャーカフェ&ジップラインで楽しめるアクティビティ

アクティビティの料金

  • ジップライン(ZIP LINE):205ペソ(約330円)
  • ストレスウォール(STRESS WALL):25ペソ(約55円)
  • ウォールクライミング(WALL CLIMB):100ペソ(約220円)

ジップライン(ZIP LINE)

森の中にワイヤーのロープを張り、プーリーという専用の滑車を使って滑り降りるアクティビティで自然の中を爽快に滑り降りるスリルも味わえるので人気です。

セブ島ではパパキッズというウォーターパークで体験できる他、お隣のチョコレートヒルズやターシャなど山系アクティビティが豊富なボホール島でも体験できます。

ストレスウォール(STRESS WALL)

壁に壊れて廃棄処分になる電化製品や家具などを力一杯投げつけたり、床に叩いて壊すことでストレス発散できる新感覚のエンターテイメントです。

日本でも2019年に日本で初めて物を壊せる施設ができて話題になりました。物を壊すという普段は絶対にできない体験を思い切りできるので、非日常のスリルを感じられて楽しいです。

ウォールクライミング(WALL CLIMB)

5メートルほどの壁を道具を使わずに手だけで登るシンプルなクライミングスポーツで、日本ではボルダリングを呼ばれエクササイズなどとしても人気です。

こちらはしっかり準備運動と専用のシューズが必要になるので、体験したい方は持参してください。

ジップラインなどのアクティビティをする際は、カウンターでお会計と名前などの記入を行い、番号が書かれた紙がもらいます。

その紙を持って階段を登り屋上にいるスタッフに渡し、ジップラインの滑車を取り付けるための器材を装着します。準備が整ったら「1・2・3」でジップラインスタートです!

アドベンチャーカフェ&ジップラインのメニュー

山奥だけあって少しお値段は高めです。今回はジップラインが目的だったので食べ物の注文はしませんでしたが、他のテーブルを見ると料理はそこそこ大きかったので、1つの金額は高いですがその分量はありそうでした。

予約は電話から可能で、席数的にもカフェに入れないことはないと思いますが、もし大人数で行く場合は料理を先に作り始めていてもらうためにも予約していく方が無難です。

また、カフェなのに珍しく、持ち込み料金を支払えば食べ物の持ち込みが可能なので、ちょっと値の張るカフェメニューを注文するより自分たちで持ち込んだ方がコスパがいいかなと思います。

アドベンチャーカフェ&ジップライン利用時の注意点

注意点:宿泊施設は近くになくオーバーステイはできない

カフェの営業は午後7時までなのでオーバーナイトや宿泊はできません。夜になると山の中は真っ暗で、標高が高いためかなり涼しいです。Vハイヤーで行く予定の方は帰りのバスの時間をしっかりサーチしてから行くことをおすすめします。

合わせて行きたい<セブ島おすすめスポット>

いちご狩りができる!ストロベリーファーム

ストロベリーデカンティプラエコファーム(Strawberry de Cantipla Eco Farm)セブ島でいちご狩り⁈超穴場観光スポット成田空港から4時間半ほど南にある常夏の島セブ島。リゾート開発が進み、観光や留学、仕事など日本からのアクセスの良さや、物価の安さなど近年人...

フォトジェニックな写真を撮るならネリスビルセルフィーコーナー

Nerisville Selfie Corner(ネリスビルセルフィコーナー)セブ島のインスタ映えスポットセブ島と言えばイメージは青くすみわたる海や大自然の山々ですがセブ島の魅力は海だけではありません。セブ市内から行ける山エリアには、たくさん...

あわせて読みたい<おすすめセブ島アクティビティ>

ジンベイザメツアー

ジンベイザメのツアーはセブ島のアクティビティで人気ナンバー1です。小さな頃に水族館で見たジンベイザメを目の前で観察!セブ島だけの貴重な体験ができます。海の中を一緒に泳いで思い出に残る写真を撮影しましょう。

セブ島でジンベイザメと泳げるオスロブって?行き方、申込方法、注意点を解説!フィリピン・セブ島は、日本から直行便で4時間半で行ける人気の観光リゾート地です。セブ島があるビサヤ諸島には、ボホール島をはじめ多くの美し...

オランゴ島アイランドホッピング

アイランドホッピングで行ける島は、ナルスアン島、カオハガン島、ヒルトゥガン島、パンダノン島などたくさんあるので、自分の行きたい島をピックアップしましょう。ジェットスキーやパラセーリングなどのマリンアクティビティをするならオランゴ島がおすすめです。

オランゴ島を徹底解説!マクタン島から15分でいけてセブ旅行にもおすすめフィリピン・セブ島は、ハワイやバリ島に続く人気の旅行先で、近年人気が上昇しています。そんなフィリピンの島の数は7,500以上あると言われ...

まとめ・感想

このカフェのメインアクティビティであるジップラインの長さは250mと少し長め。時間にすると15秒くらい滑り降ります。ジップラインは座った状態で滑るので浮遊感がなくスピードだけを楽しめるので、ジェットコースターで落ちる感覚が苦手な人でも比較的落ちる恐怖感が少ないです。

このアドベンチャーカフェ&ジップラインでできるジップラインの値段はセブ島最安値で、ボホール島などと比べると約半額なのでかなりお得に自然を感じるアクティビティが楽しめます!

 

※店舗情報は変更している可能性があるのでサイト等で確認されることをおすすめします。

※料理の量や味の感想は個人的なものなので参考程度にしてください。

ABOUT ME
セブイクマガジン編集部
セブ島在住歴3年のディレクターとフィリピン在住歴20年以上の日本人が執筆及び監修をしています。
RELATED POST
観光スポット

【プロ厳選】ボホール島観光スポット14選を完全解説!楽しみ方や行き方、ツアー、モデルコースも

2023-03-15
セブイクマガジン|セブ島観光
セブ島の南東に浮かぶボホール島。セブ島と同じくらいの面積のなかには、森や丘など手つかずの大自然が広がります。さらにボホール島は、世界最小の霊 …
観光スポット

ストロベリーデカンティプラエコファーム(Strawberry de Cantipla Eco Farm)セブ島でいちご狩り⁈超穴場観光スポット

2022-09-01
セブイクマガジン|セブ島観光
成田空港から4時間半ほど南にある常夏の島セブ島。リゾート開発が進み、観光や留学、仕事など日本からのアクセスの良さや、物価の安さなど近年人気の …