お役立ち

【幸-SACHI-】セブ島でお好み焼きとラーメンが人気のレストラン

留学生やお勤めなどでたくさんの日本人が生活しているフィリピン・セブ島。日本からセブ島へ訪れる人の数は、旅行客を合わせると年間20万人を超えます。また、約190社の日本企業があり、親日のセブ島地元民がたくさんいるのも特長です。

そんなセブ島では野菜がたっぷり入ったお好み焼きがブームです。今回は日本人からもフィリピン人からも愛されるお好み焼きのお店を紹介します!(今回はセブ島へ訪れる人が1番足を運びやすいアヤラモール店をレポートしています。)

幸-SACHI-の基本情報

基本情報

  • 名称:幸 SACHI Authentic Japanese Ramen Okonomiyaki
  • 電話番号:(032) 416 0983
  • 営業時間:11:30~23:00
  • 定休日:なし
  • 平均予算:500ペソ
  • 席数:50席
  • Wi-Fi:あり(アヤラモールのフリーWi-Fiが使用できます。)
  • トイレ:あり(アヤラモール内のトイレ)
  • 駐車場:あり(アヤラモールの駐車場)
  • 接客:普通
  • クレジットカード:使用可能
  • Facebook:https://m.facebook.com/cutiete/

お好み焼き、たこ焼き、ラーメンなどの日本食が人気のカジュアルな日本食レストラン幸-SACHI-。セブの中には、アヤラモール店、ITパーク、クエゾン通り店、SMシティー店、マクタン店とセブ島のいたるところに9店舗あります。

甘いソースが好きなフィリピン人にとって、お好み焼きソースは親しみやすい味。その理由から、たこ焼きやお好み焼きはフィリピン人からも人気です。

フィリピン人が経営する日本食屋さんもありますが、具材が変わっていたりと、どこか日本のお好み焼きをは違います。その点、幸はクオリティーの保たれた料理で、どの料理もリーズナブルな金額なので、フィリピン人のお客さんも多いです。

外観と内観

アヤラモール店は4階テラスのレストラン街にあります。ペッパーランチなどの並びにある、赤い文字で「幸」と書かれた入り口が目印です。お店を入ると活気のある声で「いらっしゃいませ」と、席へ案内されます。

今回は平日の14時に行きましたが、ランチの時間を過ぎているにも関わらず、店内はたくさんのお客さんで込み合っており、その人気ぶりがわかります。

その多くはフィリピン人で、日本や韓国の人も何人か食事を楽しんでいました。お店の中はテーブルがたくさん並べられており、少し窮屈な感じもします。

幸-SACHI-への行き方

タクシーの運転手には「アヤラモール」と伝えましょう。セブ島のタクシー運転手ならアヤラモールを知らない人はいません。タクシー降り場で降りたら、4階のテラスを目指します

外のテラスエリアからエスカレーターで上がるのが1番分かりやすい行き方です。アヤラモールにはたくさんの飲食店が入っているので、幸以外にもカフェ、レストラン、ファストフード店などの飲食店が入っています。

食品、お土産屋、水着、電化製品、なんでも揃うので、食べ終わった後はショッピングをするのがおすすめです。

幸-SACHI-メニュー紹介

メニュー一覧

今回注文した料理

  • お好み焼き(イカ):160ペソ
  • モダン焼き(豚肉):190ペソ

お好み焼きとモダン焼きの大きさは小さめで、男性なら1人で2枚は食べられる量です。イカや豚肉などの具材はしっかり入っていて、味はおたふくソースとマヨネーズなので普通に美味しいです。

キャベツはしんなりしてシャキシャキ感はありませんが、しっかり火が通っているので、イカなどが入っていても安心して食べられます。モダン焼きは焼きそばが入っているので、お好み焼きより少し食べ応えがあります。プラスで餃子を注文すれば量的にはちょうどいいと思います。

幸-SACHI-がおすすめのポイントと注意点

  • アヤラモール店は日中通して営業
  • テイクアウト可能
  • アヤラモール店は日中通して営業

他の店舗はランチタイムを14時までで一旦区切り、ディナーまでお店を閉めるところもありますが、アヤラモール店は日中通して夜まで営業しています。セブ島で観光していると、ご飯の時間が中途半端になることがありますが、そんな時に営業しているので助かります。

  • テイクアウト可能

幸のメニューはほとんどがテイクアウト可能です。学校終わりに買いに行ったり、仕事終わりに買って家でゆっくり食べることができるので、留学生やお勤めの人にいいサービスです。テイクアウト専用のエリアがあるので並ばずに注文できるのも嬉しいです。

  • サービスチャージ 5%
  • Wi-Fiが面倒
  • クレジットカード使用に注意
  • サービスチャージ 5%

お会計の合計金額にサービスチャージが5%加算されます。接客からしてたいしてサービスではありませんが仕方ないです。幸以外にも以外とメニューの料金にサービスチャージがかかることがあるので注意です。メニューに書いていないことが多く、店によって悪い接客で10%も上乗せされていることもあるので、そんな店はもう行くことはありません。

  • Wi-Fiが面倒

アヤラモールのフリーWi-Fiは電話番号を入力しなければ使えないので、SiMを変えていない人はWi-Fiが使えない。また電話番号を入力するのも少し面倒です。

  • クレジットカード使用に注意

幸に限ったことではありませんが、セブ島ではたまに機械の不具合でクレジットカードが使えない時があります。クレジットカード対応のお店だからといって現金を持っていかないと支払い時に困ります。

幸-SACHI-周辺の飲食店

アヤラモール内のレストランをご紹介します。

  • KUYA J(クヤジェー):2階テラスにあるクヤジェーは、セブ島内にたくさんあるフィリピン料理のチェーン店。フィリピン人が好きな味付けで濃いめの料理が多いですが、チェーン店の中ではダントツで美味しいレストランです。レチョンカワリなどセブ島にきたらぜひ食べて欲しいフィリピン料理、ハロハロというデザート提供しています。

 

  • Casa Verde(カサヴェルデ):セブ島でもかなり名の通ったレストランで、アヤラモール3階のテラスにあります。おすすめはリブステーキで、セブ島でリブステーキがはやった理由はこのお店でもあります。【アヤラモール・レストラン】で検索するとよく目にする12インチの巨大なハンバーガーは、カサヴェルデの名物にもなっています。ソースが甘めで好き嫌いが分かれやすいですが、お好み焼きソースが好きな人ならきっと好きな味です。

 

  • Chika-an(チカアン):チカアンはセブ島では有名なフィリピン料理のチェーン店です。ほとんぼ全てのモール内に入っているので、この魚のホネのようなお店の看板はある程度セブ島に滞在していると、見覚えがあるな〜と感じると思います。1品300ペソほどで、フィリピン料理の定番、シシグ、アドボ、シニガンスープ、ポークベリーなどを楽しめます。

 

  • BIGBY’S(ビッグビーズ):リブステーキやハンバーガーを提供している洋食レストラン。ビッグビーズが他のお店と違うところは、ハンバーガーやアイスクリームの早食い大食いチャレンジがあり、指定の時間内に食べきると無料になるところです。アイスクリーム約30スクープと、果物、チョコのお菓子などが大きなお皿に乗った巨大パフェ・タイタニックは早食いチャレンジのメニューの1つです。自身がある方はぜひ挑戦してみてください。

 

  • Dessert Factory(デザートファクトリー):リーズナブルな金額(200ペソ台)で楽しめる洋食のレストランで、アヤラモール3階テラスのモールサイドにあります。スイーツしか置いていないような名前ですが、ポークベリーなどの料理も提供していて人気です。

 

  • Kpub BBQ(ケーパブバーベキュー):食べ放題の韓国焼肉レストランです。499ペソ、699ペソ、999ペソの3つのコースがあり、コースによってお肉のメニューが異なります。韓国焼肉の食べ放題を提供している店は、セブ島内にたくさんありますが、ここケーパブはクオリティーがいい方です。ガッツリ肉を食べたい時はここがおすすめです。

まとめ・感想

お好み焼きやたこ焼きなどのおたふくソースを使ったメニューは美味しいですが、ラーメンは、オークリッジにある優勝軒や一幸舎の方が本格的で美味しいかなと思います。

また、全体的に1つの量が少ないので、たくさん食べる人は、2つ注文しないとお腹が満たされないかもしれません。幸で食べる日本食は本格的なのにリーズナブル。

日本食が恋しくなった時、お好み焼きが無性に食べたくなった時にぜひ利用してみてください。

合わせて読みたい<おすすめセブ島アクティビティ>

ジンベイザメツアー

ジンベイザメのツアーはセブ島のアクティビティで人気ナンバー1です。小さな頃に水族館で見たジンベイザメを目の前で観察!セブ島だけの貴重な体験ができます。海の中を一緒に泳いで思い出に残る写真を撮影しましょう。

セブ島でジンベイザメと泳げるオスロブって?行き方、申込方法、注意点を解説!フィリピン・セブ島は、日本から直行便で4時間半で行ける人気の観光リゾート地です。セブ島があるビサヤ諸島には、ボホール島をはじめ多くの美し...

オランゴ島アイランドホッピング

アイランドホッピングで行ける島は、ナルスアン島、カオハガン島、ヒルトゥガン島、パンダノン島などたくさんあるので、自分の行きたい島をピックアップしましょう。ジェットスキーやパラセーリングなどのマリンアクティビティをするならオランゴ島がおすすめです。

オランゴ島を徹底解説!マクタン島から15分でいけてセブ旅行にもおすすめフィリピン・セブ島は、ハワイやバリ島に続く人気の旅行先で、近年人気が上昇しています。そんなフィリピンの島の数は7,500以上あると言われ...

※店舗情報は変更している可能性があるのでサイト等で確認されることをおすすめします。

※日本円へに換算は【2019年6月レート1円=2.1ペソ】で計算しています。

※料理の量や味の感想は個人的なものなので参考程度にしてください。