アクティビティ

セブ島でお得にフォトウェディングをするには?メリットや費用、人気撮影シーン、選び方のコツを解説

ウェディングの一つの形として、一生に一度の特別な瞬間を写真に収める「フォトウェディング」があります。

この記事では、セブ島のフォトウェディングとは何か、そのメリットとデメリットについてわかりやすく解説します。フォトウェディングがどんなものか理解し、自分のウェディングをより充実させてくださいね。

\おすすめのセブ島オプショナルツアー/

  • セブイク(セブ島で人気のオプショナルツアーを見る)

セブイクでは高い満足度を誇るオプショナルツアーを多数掲載しております。いろんなオプショナルツアーがあるため、どれを選べばいいのか迷いますよね。

セブイクではセブ島在住のコンシェルジュが最適なプランを無料でお伝えしています。

利用無料で面倒な登録ナシ!LINEでサクッと質問できちゃいます。

 

フォトウェディングとは?

フォトウェディングとは

「フォトウェディング」とは、婚礼ではなく、専門のカメラマンによって新郎新婦がウェディングドレスやタキシードを着用し、様々な場所で撮影を行うウェディングスタイルの一つです。

フォトウェディングの主な目的は、結婚式や披露宴の日程や場所に縛られることなく、思い出に残る美しい写真を撮ることです。

もし絵本の中のプリンセスや王子様のような感じで、美しい庭園や歴史的な建物で自分たちだけの特別な写真を撮りたいと考えたことがあるなら、それがまさにフォトウェディングのイメージです。

フォトウェディングのメリット・デメリット

フォトウェディングは、さまざまなメリットとデメリットがあります。

メリット①:場所や時間に制限がない

フォトウェディングでは、結婚式のように特定の日時や場所に制限されることはありません。

美しいビーチ、歴史的な建物、豪華な庭園、自然の風景など、カップルが思い描く任意の場所で撮影が可能です。また、時間も自由なため、一日中の撮影や、夜景をバックにした撮影も可能です。

メリット②:リラックスした雰囲気で撮影可能

結婚式や披露宴の日は、ゲストへのおもてなしやプログラムの進行などで忙しく、リラックスして写真を撮る時間がないこともあります。

しかし、フォトウェディングでは、カメラマンと新郎新婦だけの時間なので、自分たちのペースで撮影することができます。

デメリット①:費用がかかる

フォトウェディングは専門のカメラマンによる撮影なので、その料金は避けては通れません。また、撮影場所や衣装、メイクなどにも費用がかかることがあります。

デメリット②:結婚式の日とは別の日を設ける必要がある

フォトウェディングは時間や場所に自由がある一方で、結婚式や披露宴とは別の日に撮影を行う必要があります。

これはスケジュールの調整や、場合によっては旅行費用など、新たな調整やコストが発生します。

フォトウェディングの魅力

フォトウェディングの魅力は何と言っても、その自由度の高さと最高の思い出にあります。

具体的なシチュエーションを例に出すと、例えば海辺での夕日をバックにしたロマンティックなシーンや、歴史ある城でのおとぎ話のようなシーンを撮影することができます。このような自由度と独自性が、美しい写真を創り出し、思い出を永遠に残すというのはとても魅力的です。

また、フォトウェディングはカップルの個性や趣味を反映した内容で進めることができます。例えば、自分たちが出会った場所やデートの思い出の場所、旅行が好きならば行ったことのある海外の地で撮影するなど、撮影場所やテーマを自由に選べるのも魅力の一つです。

フォトウェディングがおすすめの人

フォトウェディングは以下のような人に特におすすめです。

  1. 自分たちの個性や思い出を反映したウェディング写真を残したい人
  2. 自由に日時や場所を選びたい人
  3. リラックスした状態で高品質なウェディング写真を撮りたい人
  4. 結婚式や披露宴の場ではない、特別な場所での撮影を望む人

前撮りやウェディングフォトとの違い

「前撮り」や「ウェディングフォト」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。これらと「フォトウェディング」は似ているようで異なる概念です。

前撮り

前撮りはその名の通り、結婚式の前にウェディングドレスやタキシードを着て写真を撮るもので、主に結婚式や披露宴でゲストに見せるための写真を撮ることが目的です。ウェディングフォトは結婚式当日に行われる写真撮影を指します。

フォトウェディング

一方、フォトウェディングは、結婚式や披露宴とは関係なく、新郎新婦が自分たちのスケジュールに合わせて、自由な場所と時間で撮影を行うことが特徴です。そのため、自分たちのライフスタイルや好みに合わせて撮影計画を立てることが可能です。

フォトウェディングの種類

フォトウェディングには様々な種類があります。ここでは代表的なものをいくつか紹介します。

ロケーションフォトウェディング

特定の場所での撮影を行うタイプ。ビーチ、山、公園、城など、自然や建築物を背景に美しい写真を撮影します。

スタジオフォトウェディング

専用のスタジオでの撮影を行うタイプ。照明や背景をコントロールできるので、様々な雰囲気の写真を撮ることが可能です。

デスティネーションフォトウェディング

旅行先での撮影を行うタイプ。異国の風景を背景にすることで、一層特別感のある写真を残すことができます。

これらの中から自分たちに合ったスタイルを選ぶことで、思い出深く特別なフォトウェディングを実現できます。

セブ島でのフォトウェディング

セブ島とは

フィリピンにある7000以上の島々の中で、特に観光地として知られるのが「セブ島」です。セブ島は、美しいビーチや豊かな自然、歴史的な教会やモニュメントが魅力の場所として知られています。

また、フィリピンの公用語である英語が広く使われており、旅行者にとっては比較的滞在しやすい環境が整っています。

セブ島でのフォトウェディングの魅力

そのセブ島でのフォトウェディングは、その地の特色を最大限に活かしたウェディング撮影を楽しむことができます。

美しいビーチ

セブ島は透き通った海と白い砂浜で知られ、ビーチでの撮影はまるで映画の一コマのような美しさです。夕日をバックにしたロマンチックなショットや、海の青さを活かした爽やかな写真など、さまざまな雰囲気を演出できます。

歴史的な建築物

セブ島にはスペイン植民地時代の教会や建造物が多く残されています。これらの歴史的な建築物をバックにした写真は、時間を超越した永遠の愛を表現するのにピッタリです。

異国情緒あふれるロケーション

フォトウェディングは記念すべき瞬間を切り取るだけでなく、その場所の雰囲気や文化も写真に刻み込むことができます。セブ島でのフォトウェディングでは、異国の地でしか味わえない特別な雰囲気を、写真という形で残すことができます。

セブ島でのフォトウェディングは、一生の思い出として、そして物語の一部として残る特別な写真を作り出します。その土地特有の風景や文化、そして二人の愛が融合した写真は、きっと一生の宝物になるでしょう。

フォトウェディングのプランと費用

セブ島でのフォトウェディング

フォトウェディングの依頼先は大きく分けて、ウェディング会社や写真スタジオ、フリーランスのカメラマンなどがあります。それぞれに特色があるので、カップルのニーズに合わせて選ぶことが大切です。

特にセブ島でのフォトウェディングを考えている場合、現地のロケーションや文化に詳しい専門のウェディング会社を選ぶと良いでしょう。これらの会社は、撮影場所の手配や移動手段、現地スタッフの調整などを行ってくれます。

基本的なプランでは、撮影時間、撮影場所、衣装のレンタル、ヘアメイク、写真データの提供が含まれています。追加費用でアルバム作成やビデオ撮影などのオプションを選ぶことも可能です。

フォトウェディングの衣装選び(和装・洋装・ヘアメイク編)

フォトウェディングの衣装は、和装や洋装を選ぶことができます。

和装は、日本の伝統的な美を表現することができます。白無垢や色打掛といった華やかな衣装は、美しい写真を生み出します。

洋装の場合、ウェディングドレスやタキシードを選ぶことが一般的です。ロケーションやテーマに合わせて、クラシックなものからモダンなものまで選ぶことができます。

また、衣装と一緒にヘアメイクも重要な要素です。プロのヘアメイクアーティストによるヘアメイクは、衣装やロケーション、自分たちの好みに合わせてカスタマイズすることができます。

フォトウェディングの費用相場

フォトウェディングの費用は、依頼する会社やプラン、撮影場所などによって大きく変動します。一般的には、基本プランで10万円から50万円程度が相場となります。

セブ島での撮影の場合、旅行費や滞在費なども考慮に入れる必要があります。

セブ島でのフォトウェディングのプランとロケーション

セブ島でのフォトウェディングのプランは、ビーチや教会、リゾートホテルなど多岐にわたります。撮影場所を選ぶ際は、自分たちの好みやテーマを考えると共に、その場所の特徴や魅力を最大限に活かすことが大切です。

ビーチでの撮影は、明るく開放的な雰囲気を表現することができます。また、歴史的な教会を選べば、荘厳な雰囲気の中で永遠の愛を誓うことができます。また、リゾートホテルでは、ラグジュアリーな雰囲気を演出することが可能です。

セブ島でのフォトウェディングでは、美しい自然と歴史的な建築物を背景に、一生の思い出を作ることができます。

人気のフォトウェディングロケーション

セブ島で人気の撮影スポット

セブ島には美しい自然と歴史的な建造物が多く存在し、それぞれが独特の雰囲気を持つため、数多くの人気のフォトウェディングロケーションがあります。

白砂のビーチ

セブ島は美しいビーチで知られており、透明度の高い海と白い砂浜が広がるビーチは、自然の美しさを最大限に活かした写真を撮影するのに最適です。

サント・ニーニョ教会

セブ島最古のカトリック教会であり、その美しい建築と歴史的な雰囲気は、荘厳さとエレガンスを求めるカップルにとって最適なロケーションです。

セブ・タオイスト寺院

カラフルで独特な建築が特徴的なこの寺院は、一風変わった背景を求めるカップルに人気の撮影スポットです。

マクタン島

セブ島のすぐ近くにあるマクタン島は、美しいリゾート施設やビーチが広がるリゾートアイランドで、リラックスした雰囲気の写真を撮影するのに最適です。

これらのロケーションは全て、カップルが一緒に過ごす特別な瞬間を、美しく、鮮やかに記録することができます。

セブ島で人気のシチュエーション

フォトウェディングでは、場所だけでなく撮影するシチュエーションも重要です。以下に、セブ島で人気のシチュエーションをいくつか紹介します。

サンセットビーチウォーク

夕日が海に沈む風景を背景に、カップルが手をつないでビーチを歩くシーンは、ロマンチックで幸せな雰囲気を演出します。

教会前でのキスシーン

歴史的な教会の前で、カップルが愛を確認するキスシーンは、永遠の愛を象徴するシチュエーションとして人気です。

高級リゾートホテルのプライベートビーチでのリラックスシーン

リゾートのプライベートビーチでリラックスするカップルのシーンは、幸せな休日の雰囲気を表現します。

地元のマーケット探索

セブ島の地元のマーケットを探索するカップルの姿は、新たな冒険を共に楽しむカップルの姿を描きます。

これらのシチュエーションは、カップルの物語を描くための一部であり、あなたたちのフォトウェディングを特別なものにします。

フォトウェディングの流れとスケジュール

セブ島でのフォトウェディング当日までの流れ

フォトウェディングに至るまでの流れは大まかに以下のようになります。

フォトウェディングのプランを決定

まずはフォトウェディングを行う会社を選び、プランを決定します。場所、衣装、撮影内容などを具体的に決めていきます。

事前打ち合わせ

プラン内容を基に、具体的な日程や撮影場所、衣装選び、ヘアメイク等について事前に打ち合わせを行います。

出発前の準備

パスポートやビザ、必要な接種等、旅行に必要な手続きを行います。また、必要なら衣装のフィッティングもこの時期に行います。

セブ島への出発

打ち合わせ通りの日程でセブ島へと旅立ちます。撮影前日は十分に体調を整え、早めに就寝することをおすすめします。

フォトウェディング当日のスケジュール例

フォトウェディング当日のスケジュールは大体以下のように進行します。

早朝

ヘアメイクと衣装の準備。通常、撮影開始の数時間前から始まります。

午前中

撮影開始。選ばれたロケーションでプロのカメラマンとともに撮影を行います。

ランチ休憩。撮影は体力を使いますので、しっかりと休息と食事を取りましょう。

午後

撮影再開。異なるロケーションや衣装での撮影を行います。

夕方

撮影終了。全ての撮影が終了したら、衣装を返却し、ヘアメイクを落とします。

セブ島のロケーション撮影

場合によっては、衣装やヘアメイクは自分たちで準備し、ロケーションでの撮影のみを依頼することも可能です。その場合、以下のようなスケジュールになることが多いです。

午前中

自分たちで衣装に着替え、ヘアメイクを整えます。

昼前

撮影開始。選ばれたロケーションで撮影を行います。

ランチ休憩。

午後

撮影再開。別のロケーションでの撮影を行います。

夕方

撮影終了。衣装を脱ぎ、ヘアメイクを落とします。

いずれの場合でも、撮影は体力を必要としますので、事前に十分な休息と栄養補給を心掛け、水分補給も忘れないようにしましょう。

フォトウェディングのQ&A

フォトウェディングのよくある質問

フォトウェディングについて、よくある質問とその答えを以下にまとめてみました。

Q:フォトウェディングとウェディングフォトの違いは何ですか?

A:フォトウェディングとウェディングフォトの大きな違いは、”撮影の目的とタイミング”です。

フォトウェディングは結婚式前後に独立して行われ、様々なロケーションで自由なスタイルの写真を撮ることができます。一方、ウェディングフォトは結婚式の当日に、式の進行に合わせて撮られる写真を指します。

Q:フォトウェディングの費用はどのくらいですか?

A: フォトウェディングの費用は様々で、撮影場所、衣装、撮影時間などによりますが、一般的には10万円から50万円の間でしょう。セブ島での撮影であれば旅行費用も必要になります。

Q:フォトウェディングはどれくらい前に予約すべきですか?

A: フォトウェディングは、撮影場所の予約や衣装選び、ヘアメイクの打ち合わせなど時間を要するため、通常は3~6ヶ月前には予約をすることがおすすめです。

Q:セブ島でのフォトウェディングに特別な準備は必要ですか?

A: セブ島でのフォトウェディングでは、旅行の準備(パスポート、ビザ、予防接種など)が必要です。また、セブ島での撮影のため通訳が必要な場合がありますが、撮影会社が通訳を手配してくれることも多いです。

以上のような質問が多く寄せられますが、特定の疑問や不明点がある場合は、フォトウェディングに関するご質問はお気軽にお問い合わせください。

\セブ島のフォトウェディング/

  • セブイク(セブ島で人気のオプショナルツアーを見る)

セブイクではセブ島在住のコンシェルジュが最適なプランを無料でお伝えしています。

利用無料で面倒な登録ナシ!LINEでサクッと質問できちゃいます。

 

まとめ

フォトウェディングは、カップルが結婚前後に自由なスタイルで撮影を行うことで、特別な記念日を美しい写真とともに刻むことができます。独自のテーマを設定し、ロケーションや衣装を選ぶ自由度が高いことが大きな魅力です。

特に、絶景が広がるセブ島でのフォトウェディングは、一生に一度の思い出を彩る非常に魅力的な選択肢です。ただし、その準備と進行は少々複雑で、場所選びから衣装、ヘアメイクの準備、撮影のスケジュール管理まで、手間とコストがかかることも事実です。

しかし、それらの手間をかける価値が十分にあるのもまた事実です。フォトウェディングによって得られる、美しい写真と共有した経験は、一生の宝物となることでしょう。

フォトウェディングに関する疑問や不明点は、専門家に直接問い合わせることをおすすめします。その上で、自分たちにとって最適なプランを選び、一生に一度の特別な日を楽しみましょう。

おすすめセブ島オプショナルツアーランキング

セブ島でアクティビティをしたい!そう思っても、どれを選んだらハズれないのか心配ですよね。今回は、たくさんの方に選ばれているオプショナルツアーを3つに絞ってご紹介します。

ぜひセブ島観光の参考にしてみてくださいね!

ランキング1位
【ジンベイザメツアー】スミロン島アイランドホッピング!遭遇率99.8%でジンベイザメと泳げる/絶景&超接近シュノーケリング
評価
ポイント大迫力のジンベイザメとシュノーケリングできる
ポイント透明度抜群のスミロン島へアイランドホッピング

ツアー詳細を見るツアーを探す

ランキング2位
【ボホール島ツアー日帰り】ターシャ&チョコレートヒルズの大展望スポット/バギー&ジップバイク体験可/生演奏リバークルーズランチ付
評価
ポイントまるでチョコレートに見えるチョコレートヒルズ
ポイント世界最小の可愛いメガネザルターシャに会える
ポイントジャングルリバークルーズをしながら美味しいランチ

ツアー詳細を見るツアーを探す

ランキング3位
【ナルスアン島ツアー】アイランドホッピング2島巡り!上陸&ヒルトゥガン島の海洋保護区シュノーケリング
評価
ポイント島よりも長い桟橋がインスタ映えするナルスアン島
ポイントたくさんの熱帯魚と泳げる最高のシュノーケリングスポット
ポイント海上レストランでのランチが美味しい!

ツアー詳細を見るツアーを探す

ABOUT ME
セブイクマガジン編集部チーム
セブ島在住歴5年のディレクターとフィリピン在住歴20年以上のセブ島を知り尽くした日本人が執筆及び監修をしています。プロダイバー資格、インストラクター資格を保有。セブ島で最高の体験を提供するため、日々コンテンツを研究中。
RELATED POST
アクティビティ

セブ島のオプショナルツアーとは?おすすめツアー22選、予約方法、お得な参加方法を解説

2023-03-15
セブイクマガジン|セブ島観光
"フィリピンの真珠"とも称されるセブ島。その壮大な自然と豊かな海、そして古き良きフィリピンの文化が息づくこの島には、たくさんのオプシ …
カワサンの滝 アクティビティ

【セブ島カワサン滝とは?】キャニオニング&ツアー、行き方や楽しみ方!14mの高さから飛び込みも解説

2021-09-24
セブイクマガジン|セブ島観光
セブといえば、フィリピン最大のリゾート地。美しい海や砂浜でのんびりリラックスというイメージが強いのではないでしょうか。 しかし、セブの …
ビーチ アクティビティ

セブ島からバンタヤン島へ行くには?美しいビーチの魅力と詳しいアクセス方法をご紹介

2021-09-24
セブイクマガジン|セブ島観光
日本人にも人気のフィリピンのリゾート地、セブ島。その北東部に、日本人にもあまり知られていない美しい島があることをご存じですか? 透明な …