お役立ち

ジョリビー(jolie bee)って?フィリピンの人気No.1ファストフードを徹底解説

フィリピンは海外旅行先として日本人にも人気であり、多くの外国人が訪れるため、人気の観光やレストランなどがたくさんあります。

数あるスポットの中でも、押さえておきたいのはジョリビーです。

ジョリビーはフィリピンで人気のファーストフードチェーン店として人気です。今回はジョリビーについて内容を紹介します。

\おすすめのセブ島オプショナルツアー/

  • セブイク(セブ島で人気のオプショナルツアーを見る)

セブイクでは高い満足度を誇るオプショナルツアーを多数掲載しております。いろんなオプショナルツアーがあるため、どれを選べばいいのか迷いますよね。

セブイクではセブ島在住のコンシェルジュが最適なプランを無料でお伝えしています。

利用無料で面倒な登録ナシ。LINEでサクッと質問できちゃいます♪

 

ジョリビー概要

ジョリビー

ジョリビーとは、フィリピンのファーストフードチェーン店であり、国内では知らない人はいないほどの人気があります。1975年に創業しており、当初はアイスクリーム屋でした。

徐々にメニューにハンバーガやフライドチキン、パイ、スパゲッティなどを販売するようになり、今ではいろいろなフードメニューを食べることができます。

フィリピン国内だけでも1,100店舗以上もあり、世界的に有名なマクドナルドよりも多いため、旅行に来た際は一度訪れてみるのがおすすめです。

ジョリビーの人気の理由

ジョリビーはフィリピンで知られているファーストフード店ですが「なぜそんなに人気があるの?」と疑問を感じる人もいるはずです。

ジョリビーがフィリピンで人気が出ているのは理由があるため、その内容を紹介します。

メニュー

ジョリビーの人気の理由として、まずはメニューの味付けです。フィリピンは甘めの味付けが好きであり、伝統料理、家庭料理もベースになっています。そのため、ジョリビーでは普通のケチャップではなく、バナナケチャップを使用しており、甘さが際立つようにもしています。

また、フィリピンではご飯を食べるのも好きなため、セットメニューではライス付きを提供しているのも特徴です。このように甘さとライスと、フィリピン人が好きなものをメニューに入れていることから、大きな人気を出すようになりました。

マーケティング

ジョリビーで人気があるのは、マーケティングの上手さも1つの理由です。フィリピンの場合は上記でも紹介したように、甘さとライスという点を重視してメニュー作りを行い、結果として現れています。

ただ、ジョリビーは他に国にもあり、例えばベトナムではチリチキンと馴染みのある食べ物をメニューに入れて提供しているのが特徴です。ファーストフード店として展開していますが、馴染みの食材や好みを取り入れているのが良いポイントです。

ジョリビーのメニューと料金

では、具体的にメニューと料金はどうなっているのでしょうか。ジョリビーのメニューと料金を紹介します。

ハンバーガー(Yamburgers)

ハンバーガーは基本的にセットメニューになっており、好きなバーガーにフライドポテトとドリンクが一緒に付いています。ハンバーガーとセットは、例えば以下のメニューです。

  • ヤムバーガーセット:105ペソ(約270円)
  • チーズヤムバーガーセット:130ペソ(約334円)
  • ベーコンチーズヤムバーガーセット:155ペソ(約398円)

基本的なセットはヤムバーガーですが、ハンバーガーの種類はいろいろあるので、好きなものを選択できます。

チャンプ(Champ)

ジョリビーではチャンプセットも提供されており、ハンバーガーや他のものを合わせてガッツリ食べることも可能です。チャンプセットのメニューは以下のとおりです。

  • チャンプジュニアセット:164ペソ(約421円)
  • チャンプセット:244ペソ(約627円)
  • アロハチャンプジュニアセット:182ペソ(約467円)
  • アロハチャンプセット:297ペソ(約763円)

チャンプセットはジュニア版もあるため、ガッツリ食べたいか抑えておきたいかを選べるのが嬉しいポイントです。

チキンジョイ(Chickenjoy)

チキンジョイは一般的なフライドチキンであり、ジューシーさが売りです。フライドチキンはセットだとドリンクやライス、スパゲッティーなどが付いてくるものもあります。例えば、以下のようなメニューと料金があります。

  • 1ピース&ドリンク&ライスセット:109ペソ(約280円)
  • 1ピース&ドリンク&スパゲッティーセット:159ペソ(約408円)
  • 1ピース&ドリンクパラボックセット:238ペソ(約611円)

チキンジョイは2ピースやライスを2つにする、フライドポテトを付けるなど、いろいろあるため、メニューの種類は豊富です。

フライドチキンは部位が選べる

フライドチキンは部位を選択することもできます。通常は注文したときにランダムで入れられますが、お好みの部位があればサイやレッグ、リブ、胸、など選択できます。

店舗によって選択できる部位は異なるケースもあります。店内カウンターに部位についてメニューが出ているので見て注文が可能です。自由度の高さも人気の1つです。

フライドポテト(Jolly Crispy Fries)

フライドポテトはジョリビーでも人気のあるメニューの1つです。基本的にはハンバーガーやチキン、スパゲッティーなどのセットメニューと共に付いているケースが多いです。

しかし単品で注文も可能であり、35ペソ(約90円)になります。フライドポテトの食感はふっくらとしており、スモールやラージサイズを選べるので、状態に合わせて量を調整できます。

ジョリースパゲッティ(Jolly Spaghetti)

ジョリースパゲッティは柔らかく茹でられた麺にバナナケチャップを使用したソースとチーズがふりかけられており、輪切りのソーセージも含まれています。ジョリースパゲッティのメニューは、例えば以下のものがあります。

  • ジョリースパゲッティ&ドリンクセット:87ペソ(約223円)
  • ジョリースパゲッティ&フライドポテト&ドリンクセット:125ペソ(約321円)
  • ジョリースパゲッティ&バーガーステーキ&ドリンクセット:135ペソ(約346円)

ジョリースパゲッティ単品は60ペソ(約154円)になっており、他にもファミリーセットなどがあります。

バーガーステーキ(Burger Steak)

バーガーステーキは、パティにグレイビーソースとマッシュルームが乗っているものです。メニューと料金は例えば、以下のようになっています。

  • ・バーガーステーキ&ドリンクセット:87ペソ(約223円)
  • ・バーガーステーキ&フライドポテト&ドリンクセット:125ペソ(約321円)
  • ・バーガーステーキ&フライドチキン&ドリンクセット:159ペソ(約408円)

バーガーステーキはファミリープランもあるため、大人数で食べることも可能です。

ジョリーホットドッグ(Jolly Hotdog)

ジョリビーには、ホットドッグもメニューに掲載されており、セットと組み合わせて食べることが可能です。メニューは例えば以下のようになっています。

  • チーズクラシックホットドッグ&ドリンクセット:101ペソ(約259円)
  • チーズクラシックホットドッグ&フライドポテト&ドリンクセット:135ペソ(約346円)

ホットドッグ単品は35ペソ(約90円)ほどです。少し甘みのある味わいとして覚えておきましょう。

ドリンク(Drink)

ジョリビーで選べるドリンクはいろいろあり、選んだファーストフードや自分の好みに合わせて選択するのがおすすめです。メニューとしては以下のものを選ぶことが可能です。

  • コーラ
  • スプライト
  • フルーツパンチ
  • アイスティー
  • コーヒー
  • ミルクシェイク
  • パイナップルジュース
  • サルシ

パイナップルジュースは他のジュースと比べて追加で30ペソ必要です。また、サルシはハーブ風味の炭酸飲料水で独自のジュースになるため、一度は試してみてください。

デザート(Deserts)

ジョリビーはデザートも豊富に揃えており、チョコ系やパイ、サンデー、フロートなどの種類があります。それぞれの価格は例えば以下のようになっています。

  • ピーチマンゴーパイ:1個45ペソ(約115円)
  • チョコメロウパイ:1個49ペソ(約125円)
  • ミニバニラサンデー:20ペソ(約51円)
  • ソーダフロート:ドリンクのみ49ペソ(約125円)

個数を増やせるものは価格が上がるので、メニュー表をよく見ての注文がおすすめです。

チョコレートサンデー(Chocolate Sundae)

チョコレートサンデーは甘くて、子供や大人に人気があります。チョコレート関係のメニューはたくさんあり、以下のものを選べます。

  • チョコスクランブルサンデー:55ペソ(約141円)
  • チョコレートサンデー:45ペソ(約115円)
  • ミニチョコレートサンデー:40ペソ(約102円)

チョコレートサンデーもデザートの1つとして選択できそうですね。

パイナップルジュース

パイナップルジュースは上記でも紹介したドリンクの1つです。ただ、パイナップルジュースのみ、通常と異なって30ペソ追加しなくてはいけないので割高になります。

しかし、南国特有の甘さを味わえるジュースなので、フィリピンへ旅行に来た際は一度味わってみるのがおすすめです。

朝食セット(Breakfast)

ジョリビーでは朝食メニューを展開しており、午前中のみ注文できるものも豊富にあります。例えば以下のメニューを注文できます。

  • ベーコンエッグ&チーズサンドウィッチ:115ペソ(約295円)
  • 2ピースパンケーキ:100ペソ(約257円)
  • ブレックファーストホットドッグ:130ペソ(約334円)
  • ブレックファーストシャンハイ:140ペソ(約359円

キッズメニュー(Kiddie meal)

ジョリビーではキッズメニューも提供されており、小さい子供も楽しめるメニューを提供しています。ジョリビーによるキッズメニューは例えば、以下のものがあります。

  • ・ヤムバーガー&トイセット:85ペソ(約218円)
  • ・バーガーステーキ&トイセット:104ペソ(約267円)
  • ・ジョリースパゲッティ&トイセット:104ペソ(約267円)

キッズメニューはおもちゃ付きなので、子供におすすめです。

ジョリビーでの注文方法

初めての店舗では「どうやって注文するの?」と焦ってしまう方もいますよね。ジョリビーでの注文方法について紹介します。

オーダーする

ジョリビーを店内でオーダーするときは、まずはカウンターへ行きます。メニュー表は英語で記載されていますが、セットやフードは各数字で振り分けられているため、英語が話せなくても番号を伝えるだけで問題ありません。

また、ジョリビーは店舗によって券売機が設置されており話さずに注文も可能です。ただし、全て英語表記になっているため、単語が分からないと理解できない可能性もあります。

アプリも同様に英語なので、カウンターで注文するのがおすすめです。

数の伝え方

ジョリビーで数を伝えるときは、基本的に英語になります。ただ、先ほどもお伝えしましたが、メニューごとに番号が振られているので、数量のみを答えるだけで問題ありません。

例えば、ヤムバーガーセットであれば、番号を伝えてone、twoと簡単な英単語を述べるだけです。もしくは手でメニュー表の番号を抑えて、数字も手で表すと相手も把握してくれます。内容を伝えるのはそこまで難しくはないでしょう。

中身とレシートを確認

ジョリビーの注文を行えたら、お金を支払った後にスタッフが持って来てくれるため待ちましょう。スタッフが持って来てくれたものは、一応中身を確認しておくのがおすすめです。

中身が間違っていたり数が合っていなかったりするケースもあるため、レシートも持っておくのが大事です。数と内容が合っていれば、そのまま店内や持ち帰りをしてください。

ジョリビーの口コミ

ジョリビーを利用した人の口コミも気になるところ。実際に利用した方の口コミを紹介します。

  • ハンバーガーは、マクドナルドのような感じだが、お肉もバンズもおいしい。ポテトが結構量が少ないなと感じた。どこの店舗でも人が多かったが、少し休むのには良いところだった。
  • ホットドッグとチキンを注文。基本的にドリンクがセットで付いてくるようになっているので、うっかりドリンクも注文すると、ドリンクが2つ出てきます。

フィリピンの国民食、一度は試したいですね。

セブ島でジョリビーのある場所

セブ島にもジョリビーはあるので、観光の際には足を運んでみてください。では「セブ島のどこ」にジョリビーがあるのでしょうか?

観光客がよく行くエリアでジョリビーのある場所をサクッとご紹介します。

ITパーク

ITパークはセブ島のビジネス街にジョリビーがあります。外資系の企業がたくさんありますが、レストランやバー、ナイトマーケットもあるため、たくさんの観光客も訪ます。

ITパーク内にジョリビーがあるので、覚えておくとよいでしょう。

SMシティ

SMシティーには、系列のモールが50店舗もある場所です。お土産やレストラン、両替所も入っているため、観光客にも人気スポットです。もちろん、ジョリビーももちろん参入しています。ショッピングのついでに訪れてみるのもおすすめです。

空港

セブ島ではマクタン空港にジョリビーがあるので、軽食として利用できます。

空港で日本へ帰る際の待ち時間や、到着したときの軽食として利用可能です。フィリピンの食事を堪能したい場合もおすすめです。

ジョリビーでバースデーパーティもできる

ジョリビーではバースデーパーティも開催することが可能です。フィリピンではバースデーパーティが好きな国民性であるため、ジョリビーを含めて様々な飲食店で行われます。

ジョリビーでは、風船でデコレーションされた会場以外に、料理やドリンク、バルーンデコレーションやバースデーハット、招待状、司会、ゲームがパッケージになっています。機会があれば利用してください。

ジョリビーのキャラクター

ジョリビーのキャラクターは、白いコック帽に赤がトレードマークのマスコットキャラであり、ゆるキャラとして親しまれています。

店の看板にもなっており、店内では着ぐるみを来たキャラクターも見られるため、握手などをしてみるのもおすすめです。ドリンクではキャラクターの顔も付けられているなど、店内の様々な場所で見ることができます。

ジョリビーとマクドナルドの違い

ジョリビーとマクドナルドは同じファーストフード店ですが、内容が異なります。

まず、バーガー以外にジョリビーではライスやスパゲッティ、ステーキなど、いろいろなフードを販売しているため、種類が豊富です。

また、ソースはバナナケチャップと言われる、甘さが強調されているテイストになっています。これらの点からマクドナルドとは味やメニューに違いがあります。

ジョリビーの海外進出情報

ジョリビーはフィリピン発祥のファーストフード店ですが、他の海外にも進出しています。例えば、アメリカ、カナダ、中国、ベトナム、インドネシア、ブルネイ、サウジアラビア、カタールなどです。

いろいろな場所で海外進出しており、日本への店舗展開も考えているようです。近々日本国内でも食べられる日が来るかもしれません。

まとめ

フィリピンで有名なファーストフード店である、ジョリビーについて内容を紹介してきました。フィリピン・セブ島でも30店舗以上あり、空港でも見つけられるため旅行やトランジットなども含めて一度食べてみるのがおすすめです。

マクドナルドとは違う味付けであり、価格も高くはなく、注文も気軽に行うことが可能です。アジア進出していることから、人気があるファーストフード店なので、ジョリビーを覚えてください。

おすすめセブ島オプショナルツアーランキング

セブ島でアクティビティをしたい!そう思っても、どれを選んだらハズれないのか心配ですよね。今回は、たくさんの方に選ばれているオプショナルツアーを3つに絞ってご紹介します。

ぜひセブ島観光の参考にしてみてくださいね!

ランキング1位
【ジンベイザメツアー】スミロン島アイランドホッピング!遭遇率99.8%でジンベイザメと泳げる/絶景&超接近シュノーケリング
評価
ポイント1大迫力のジンベイザメとシュノーケリングできる
ポイント2透明度抜群のスミロン島へアイランドホッピング

ツアー詳細を見るツアーを探す

ランキング2位
【ボホール島ツアー日帰り】ターシャ&チョコレートヒルズの大展望スポット/バギー&ジップバイク体験可/生演奏リバークルーズランチ付
評価
ポイント1まるでチョコレートに見えるチョコレートヒルズ
ポイント2世界最小の可愛いメガネザルターシャに会える
ポイント3ジャングルリバークルーズをしながら美味しいランチ

ツアー詳細を見るツアーを探す

ランキング3位
【ナルスアン島ツアー】アイランドホッピング2島巡り!上陸&ヒルトゥガン島の海洋保護区シュノーケリング
評価
ポイント1島よりも長い桟橋がインスタ映えするナルスアン島
ポイント2たくさんの熱帯魚と泳げる最高のシュノーケリングスポット
ポイント3海上レストランでのランチが美味しい!

ツアー詳細を見るツアーを探す

ABOUT ME
セブイクマガジン編集部チーム
セブ島在住歴5年のディレクターとフィリピン在住歴20年以上のセブ島を知り尽くした日本人が執筆及び監修をしています。プロダイバー資格、インストラクター資格を保有。セブ島で最高の体験を提供するため、日々コンテンツを研究中。
RELATED POST